バナー原稿imp 


首より顔が茶色い!50代の肌くすみ解消法 化粧品・食べ物
8

 

ある日鏡を見て劇オドロキ!首より顔の方が茶色い!
お顔はUVファンデーションだって塗ってるし、ノーメイクの日は日焼け止めクリームを塗っている。首にだって欠かさず日焼け止めクリームを塗っている。

 

なのに!
顔が茶色いっていうことは、それだけでは不十分ってことで、だからくすんでしまった、と解釈をすることができます。40代の頃にはなかったことが、50代になって一気にやってくることはあるものです。

 

50代の顔肌のくすみは

●角質が分厚くなってしまう角質肥厚(ターンオーバーの乱れ)
●潤いが足りない肌乾燥
●紫外線の影響
●血液の巡りが悪い
●肌細胞が弱っている

などが、それぞれ絡み合ってでてきます。

 

角質が分厚くなる角質肥厚

50代の肌くすみの原因は、一番に角質肥厚。ターンオーバーの乱れが原因になります。
ターンオーバーの乱れから、古い角質がお肌に居座りつづけ、新しいお肌が見えない状態。古い角質の下には、新しくてくすんでいないきれいな角質があるのです。

 

角質肥厚の原因にはいくつかあって、肌そのものの汚れ・肌乾燥・血液の巡りがよろしくない・紫外線の影響。色々なことが絡み合っていているため、それが新陳代謝力の低下に結びつき、ターンオーバーの乱れに結びついていきます。

 

外からの対処法としては、古い角質をすっきりとオフすることを目指すのが◎。与えても与えても思うような美肌になれない時は、お肌のデトックスをするのがおすすめ。50代の場合、肌のデトックスをするだけで、肌色が明るくなることも多いのです。

 

お肌のデトックスには、ピーリングやクレイパック、炭酸パックなどがあります。汚れ吸着力が高いクレイを主原料にし、潤いを奪わないクレイマスクは手軽にできます。

 

洗顔後に、10秒くるくるするだけのエレクトーレフェイストリートメントは、肌上に残った古い角質を丁寧にオフ。肌にヴェールをしたかのような潤いと、くすみぬけしたような明るさを実感できます。お風呂で、洗顔のついでにできる手軽さが◎。返金保証付きでお試しできます。

エレクトーレクレイパック

>>エレクトーレ詳しく見てみる

 

肌が乾燥による皮脂ぐすみ

お肌が乾燥すると、お肌のターンオーバーが乱れてしまうことから、はがれ落ちるべき角質が残りやすくなってしまいます。更に恐ろしいのは、乾燥していると皮脂が過剰に分泌されやすくなってしまうこと。皮脂も少ない50代にはラッキー♫な~んて、喜んではいられません。それは正常な皮脂ではなく、乾燥しすぎという危険信号からでてくる皮脂だから。

 

朝のスキンケア後は潤っていたのに、夕方になると乾燥してきて皮脂が!皮脂ぐすみに悩まされることにもなります。

 

保湿は、たっぷりの水分を補うのではなく、水溶性の美容成分と、油溶性の美容成分をバランスよく補って、乾燥しないように保湿をすることが大切です。そうすると、肌乾燥が原因の皮脂くすみを抑えられますし、肌バリアを強化することへもつながっていきます。自ら分泌する皮脂が少ない50代は、良質な美容オイルを補うことも忘れずに。

>>50代乾燥肌におすすめのフェイスオイル・使い方まとめ

紫外線の影響

日焼けしやすい時

紫外線を浴びると活性酸素が発生します。活性酸素は、お肌を乾燥させたりメラニンを暴走させたりする原因になりますが、肌細胞を劣化させてしまうため肌老化の原因にもなります。

 

もちろん日焼け止めクリームは大切で、ファンデーションだってフェイスパウダーだってUV効果があるものを使うのが◎。そして、1日の終わりには、浴びてしまった紫外線の影響を最小限に抑えるスキンケアが必須。美白効果と保湿効果が期待できるシートマスクや美容オイルのパックなどもおすすめです。

 

美白化粧品を使う

では、毎日のケアで美白をするとしたらどんな化粧品を使えばいいのでしょう?
美白には、これからシミやくすみ肌にならないような守りのケアと、今あるシミやくすみを取り除く攻めのケアがあります。
クレイパックは攻めのケアにおすすめですが、化粧水や美容液、クリームなどにもくすみケアを求めるのでしたら、美白化粧品を使うのがいいかと思います。

ビーグレン美白


こちらは、私の目の下にあったあざのようなくすみが消えた写真です。

 

シミを消す化粧品

トライアルから使い始めましたが、最初に本商品をお取り寄せしたのは美白美容液Cセラム。シミと肌くすみの予防と攻めのケアができています。

>>ビーグレン肌くすみトライアル詳しく見てみる

 

血液の巡りがよろしくない

折角肌くすみに良いものを摂ったところで、血液循環力が低ければその意味をなしません。

 

肌くすみは外的な事ばかりではなくって、内側の流れも関わってきます。疲れてくると、目の下にクマができることがあるけれど、これは血液の巡りがよろしくないのが原因。顔色も冴えなくなってきます。

 

たっぷりの抗酸化成分をとったとしても、その栄養分を全身へ運んでくれる血液の流れが良くなければ、必要な部分へ必要な栄養素を届けることは難しくなります。摂ったら流す!これ、鉄則です。血液の流れをスムーズに整えるのには、ウォーキングや水泳、ヨガ、ストレッチなど、無理なく継続できるものがおすすめです。

 

インナービューティーで肌くすみケアをする

ヴィーナスプラセンタ口コミ

肌力そのものが低下してきている50代は、体の中の細胞力も弱ってきているため、体の中からのケアも大切です。肌くすみは、肌が栄養失調状態だということを教えてくれているのです。
抗酸化力が高い食べ物やサプリメントなどで、体の中からターンオーバーを整え、くすまないようにすることも大切。

 

実は、体の中から!って言う部分が一番大切なのです。偏りのない食生活が基本ですが、ビタミンCやビタミンE・βーカロテン・ポリフェノール・プラセンタなど抗酸化力が高い物がおすすめです。

 

肌老化の80%は紫外線の影響です。乾燥しないように保湿をしたり、日焼け止めクリームを塗ったり、美白化粧品を使うことで肌老化の80%を!残りの20%は、食べ物や抗酸化力が高いサプリメントをとることで、肌くすみは解消へ向かっていきます。健やかな肌を生みだすのは体の中の細胞達。スキンケア同様、毎日口にするものも意識したいですね。

 

食生活に自信が持てない時は、サプリメントで補うのもいいかと思います。私は長年プラセンタサプリメントを飲んでいます。抗酸化力が高いことに加え、新陳代謝を高めてくれることから、くすみ美白にも◎。血液の流れも整えてくれます。代謝そのものも低下傾向ゆえ、こういったプラセンタサプリンメントも役にたってます。

>>健康的に若返る!肌がきれいになるサプリメント 厳選!試して効果があったものランキング

 

年齢を重ねるにつれ、体の中に蓄えられていた必要な成分は失われていき、不要なものを溜め込みやすくなっていきます。失われていくものは補い、不要なものはデトックスしていく。両方を叶えることができたら、肌くすみも緩和され健康美人へ近づいていくかと思います。