バナー原稿imp 


日焼け止めクリ-ムvsUV日傘 絶対日焼けしない方法

005199

 

50代になったら、絶対日焼けをしたくない!って思いますよね。道行く人を見ていると、50代60代の女性は、日傘をさしている人を見かけます。布製の白い日傘をさしている人もいれば、黒い日傘をさしている人も。

 

日焼け止めクリームは塗っていないのかな?日傘だけさしていれば安心なの?

 

さて、日焼け止めクリームvs日傘!どっちを使ったほうが日焼けをしないのかをご紹介します。

肌を老化させる紫外線の種類

icon-check01-red太陽の光で、暑いと感じるのは赤外線。
icon-check01-redまぶしさを感じるのは、可視光線。
icon-check01-red紫外線は、暑くもなければまぶしくもない。

 

うっかり日焼けをしてしまうこともあると思いますが、それが紫外線の落とし穴!熱くもまぶしくもない紫外線は、冬でも降り注いでいるし、曇りの日でも降り注いでいます。つまり、絶対日焼けしないためには、冬でも紫外線対策をするのが◎。

 

お肌に悪影響を与える紫外線には、UV-A・UV-B・ロングUV-A・近赤外線があります。

 

UV-A

肌奥まで届いて、コラーゲンなどを劣化させる紫外線。曇りの日でも照射量はあまり減らずに、ガラスをも通過します。日焼け止めクリームではPAで表示され、+~++++まであります。

 

UV-B

肌表面を赤くし、ひぶくれなどをおこす紫外線。日焼け止めではSPFで表示され、最高値は50+。SPF50以上の効果が得られるときは+がつきます。

 

ロングUV-A

UV-Aよりも奥に入り込み、肌老化させる紫外線です。ロングUV-Aに対応している日焼け止めには「ロングUV-A対応」などの表示がされています。

近赤外線

真皮層を通りこし、筋肉組織にまで届き、しわ・たるみなど、お肌を老化させる赤外線のこと。太陽光線意外にも、コタツ・電気ストーブ・テレビ・パソコンモニターなどからもでているとされています。

日焼けしやすいのはどんな時?

日焼けしやすい時

日焼けしやすいのはどんな時かと言えば、太陽がでている時だと思いがちですが、実はそういうわけでもありません。曇りの日でも油断はできないし、家電製品からも照射されています。

冬など気温が高くない季節

冬は油断しがちな季節。長袖を着ているので気にならないかも知れませんが、コラーゲンを劣化させるUV-Bは、冬でも地表に届いています。

曇りの日

UV-Bは、曇りの日でも、照射量はあまり減りません。

 

涼しい場所で過ごす時

太陽がまぶしい!暑い!と感じた時は紫外線対策はするかと思いますが、涼しいと怠ってしまいがちな人は多いようです。紫外線を浴びても暑さは感じないので、これが落とし穴!
山へ行くと涼しさを感じますが、標高が高いので、紫外線を浴びやすくなります。山へ行く時こそ、紫外線対策をするのが◎。

日陰で過ごす時

日陰にいれば、紫外線をまっすぐ浴びることがないので、安心してしまいがち。ところが、紫外線には散乱光や反射光があります。

 

冬のスキー場で日焼けすることがありますが、これは、雪の散乱光で日焼けしてしまった結果です。散乱光というのは、反射して浴びる光のことです。雪に限らず、砂浜に入れば砂浜の散乱光、土の上にいても散乱光はあります。また、建物に反射しての散乱光も油断はできません。

<紫外線の反射率>

・雪・・・80%
・砂浜・・・10~25%
・アスファルト・・・10%
・水面・・・10~25%
・草・土・・・10%以下

 

洋服を着ている安心感

夏に、紫外線のことを考えて長袖の洋服を着たとしても、ざっくりと編み込んだサマーニットなどは要注意!網目を通過する紫外線をカットすることはできません。

 

夏にさらりと羽織るものがあれば安心感が増しますが、紫外線予防効果は、色でも変わります。
紫外線カット率が高い順に並べてみると

黒 ⇒ ターコイズ ⇒ 黄色 ⇒ オレンジ ⇒ ピンク ⇒ オフホワイト

というように、日焼けをしてしまう機会は、うっかりも含めて多いことがわかります。

日焼け止めクリーム効果

日焼け止めクリーム効果

日焼け止めクリームに書いてあるSPF・PAは、使うシーンで決めるのがおすすめ。

 

icon-check01-red日常生活・・・SPF20前後

icon-check01-red屋外で過ごす・・・SPF30前後

icon-check01-red海など炎天下で過ごす・・・SPF50前後

 

SPF値は高ければ良い!というものでもありません。数値が高いほど肌負担が大きくなります。日常的に使う数値と、海や山へ出かける時のUV数値は使い分けるのがいいかと思います。PAは+が多くついているものがおすすめです。

 

日焼け止めクリームを塗っていたのに日焼けした!という話も聞きます。日焼け止めクリームは、1回塗ったら終わりではなく、絶対日焼けしないためには塗り直しが必要です。また、1回量を少な目に使っている人も多く、日焼け止め効果が低くなっていることも。海水浴なら、50ML1本を、全部使い切るくらい塗るのがおすすめ。

 

では次に、日傘の日焼け止め効果をチェックです。

日傘の日焼け止め効果・寿命

日傘の日焼け止め効果

夏に出番が多い日傘。UVカット加工がしてある日傘をさすことはあるかと思います。このUVカット加工には寿命があって、それはたったの2年!日傘として使うのならば、2年ごとの買いかえは必須になります。2年以上たってしまった日傘は、ただの日よけ傘になります。

日焼け止めクリームvs日傘

日焼け止めクリームにしても日傘にしても、一長一短!メリットもあればデメリットもあります。

 

icon-check01-red日焼け止めクリームは塗り直しが必要。

icon-check01-red日傘は、2年ごとに買い替える必要があるし、手に持つものなので手がふさがる。

 

紫外線には、散乱光、反射光もあります。すべての紫外線を完璧に予防するとなると、日傘だけでは難しい部分もあります。

 

紫外線予防という意味では、日焼け止めクリームを塗って、長袖を着て、日傘をさして!というスタイルがベストですが、どの方法ががいいのかというのは、ライフスタイルでも違ってきます。

 

例えば、自転車に乗るときは、日焼け止めクリームを塗って、可能ならば長袖を羽織るとか。たまに、自転車で日傘をさしている人を見かけますが、傘をさしての自転車は危険なのでやめましょう。

 

車に乗ることが多いのならば、日焼け止めクリームを塗り、長袖を羽織るかアームカバーをするとか。営業で外回りが多いのなら、日焼け止めクリームや長袖に加え、日傘をさすこともできます。

 

紫外線はガラスをも通過することを考えると、家の中にいても紫外線を浴びることになります。そうなると、絶対日焼けしないためには、外出をしない日でも日焼け止めクリームは必要になります。

 

私の場合、毎日、朝に日焼け止めクリームを塗り、汗をかくことが多い季節は、1日に何回も塗り直しをし、出かけるときは日焼け止めクリームを携帯します。庭へ出てのガーデニング時は、日焼け止めクリーム+長袖シャツ。

 

車の運転時には、アームカバーをし、そして、気温が高い日の外出時は、日傘をプラス。日傘は、熱中症対策にもなります。

 

日焼け止めクリームか日傘か、どちらかひとつだけ!って聞かれたら、日焼け止めクリームがおすすめです。

 

●⇒日焼け止めおすすめランキングはこちら

飲む日焼け止め

ヴィーナスプラセンタ口コミ

また、最近話題なのが飲む日焼け止め。サプリメントですね。日焼け止めに特化しているらしく、発売当初から人気なんだとか。

 

飲む日焼け止めとしてサプリメントを飲む場合、成分にも気を配りたいところ。
L-システインが主成分の美白サプリメントは、飲むと全身に届くゆえ、肌だけでなく、頭皮にも届きます。
メラニン生成を抑制するのが目的ですから、その結果、髪のメラニン生成も抑えてしまい、白髪になりやすい!とも聞きます。
全ての人が白髪になるわけではないかとは思いますが、理論上はそうなる可能性も否定できないかと。
私の場合、飲む日焼け止めという意味では、プラセンタサプリメントも役に立っていると思います。
紫外線を浴びて増殖していしまう活性酸素を抑えることから、体の中から、シミやしわを予防することができます。

 

また、プラセンタが持つ効果として、美白効果もあります。
元々、肝臓病のために使われていたプラセンタから、のちに発見されたのが美白効果です。
日焼けを予防する抗酸化サプリメント!とも言えると思います。毎日継続して飲んでいます。

 

>>プラセンタサプリ人気ランキングを見てみる

 

代謝力が低下しがちな50代が絶対日焼けしないためには、体の中からと外からのケア。同時進行をするのがおすすめです。