1日中お化粧をしている女性に悩ましいのが化粧直し。パウダーファンデーションを使っているならささっとできそうな化粧直しですが、リキッドファンデーションを使っている場合はどうしたら?

 

パウダーファンデーションで化粧直しをしている人は見かけるけれど、リキッドファンデーションを塗り直ししている人って見かけないし・・・下手に化粧直しをするとまだらになりそうだし、、、


こむ春

ということで、リキッドファンデーション派のワタクシの化粧直し方法をご紹介です。

用意するもの

リキッドファンデ化粧直し

用意するのはコチラ。

 

コットン・乳液・麺棒・朝に使ったファンデーションがついているスポンジ。乳液ではなくても、オールインワンなど油分を含んでいるものならOKです。


朝にリキッドファンデーションを塗った後に、トントンしたスポンジは、化粧直しに使えるので、捨てないようにしましょう。

リキッドファンデーションのメイク直し方法

1 お顔の皮脂をティッシュオフする

油とり紙は使いません。油とり紙は、必要な皮脂まで吸い取ってしまうため、乾燥肌には向きません。ティッシュで押さえるのがおすすめです。

 

2 コットンに乳液やオールインワンをとり、化粧崩れしている部分をふき取る

化粧崩れした部分を軽くふき取りつつ、油分を補うことができるので、潤いを届けることができます。

リキッドファンデ化粧直し

3 目元の直し方
麺棒に乳液を塗って、ちょいちょいっと軽くふき取る感じで。

 

4 スポンジで馴染ませる
崩れた部分を軽くぬぐったら、朝、リキッドファンデーションの後に使ったスポンジの、ファンデーションがついている部分をトントンしたり、滑らせて馴染ませます。

化粧直し

5 馴染ませる
フェイスパウダー・またはパウダーファンデーションを軽く塗って馴染ませます。

 

よっぽどのことがない限り、この直し方でうまくいきますが、ワタクシの場合、リキッドファンデーションも携帯しているので、乳液でふき取った後に、ちょっとだけ指先にとって、とんとんとすることも。


こむ春

その後にかる~っくフェイスパウダーを重ねています。

アイメイク以外オフしてしまう化粧直し方法

私は、ナチュラルメイクなのですが、汗ばんでちょっと崩れすぎ~お顔が気持ち悪い!って言うときは、アイメイク以外を全部落としてしまうこともあります。

 

油分を含んでいる乳液やオールインをコットンにとって、アイメイク以外、全部ふき取ってしまいます。油分を含んでいるものを使うことで、油分を含むファンデーションも落ちやすいし、同時に潤い成分もお肌に届きますので、一石二鳥♪


こむ春

ふき取ったら、リキッドファンデーションを塗って、軽くフェイスパウダーを重ねる。時間にしたら3分位かな。艶肌が復活します。

化粧直し方法に正解はありません。リキッドファンデーション派の人でも、化粧直しはパウダーファンデーションでする人が意外と多いみたいです。


でも、どうしてリキッドファンデーションを使うのかって言ったら、潤いと艶感!これがあるから。パウダーファンデーションでお化粧直しをすると、折角の艶感がなくなってしまうことにもなりかねませんので、この辺は気を付けたいところ。


こむ春

化粧直しにパウダーファンデーションを使ったほうがいいのか、リキッドファンデーションを使ったほうがいいのかは、好みもありますが、一番には肌質で決めるのがいいかと思います。

▶▶▶乾燥肌~普通肌 ⇒ リキッドファンデーション

▶▶▶脂性肌~普通肌 ⇒ パウダーファンデーション。


こむ春

すべてはお肌次第! 化粧直ししたときに、違和感がなく、艶やかに見える方をやるのがいいんじゃないかと思います。

50代ファンデーション

私が一番リピートしているリキッドファンデーションが、マキアレイベル薬用クリアエステヴェール。艶と乾燥しない潤いがいいんです。フェイスパウダーとセットがおすすめです。