「春の庭づくり」の記事一覧(2 / 4ページ目)

地植えセダムを挿し木で増やしたよ~

春の庭づくり
地植えセダム

植え付けた時はこじんまりしていて可愛らしかったのに、いつの間にかびよ~んと伸び放題に。夏の間は緑色っぽくなるんだけど、涼しくなるにつれてどんどん紅葉していくドラゴンズブラッド。3月でもほとんど紅葉したまんま。乱れてきたので、伸びた部分を挿し木で増やすことにしました。

下草にもなる!半日陰OK!花期が長いグランドカバーカンパニュラ

春の庭づくり
下草花

庭造りをしていると、隙間うめや樹木の下草が欲しくなることってあるわよね。そうすると、カラーリーフプランツを植えることがあると思うんだけど、やっぱり、ちらほらと花が咲いているときれいだわよね~そんな場所にいいな~っと通販でお取り寄せしたのが、カンパニュラアルペンブルー。

ラミウムのランナーで子株作り

春の庭づくり
ラミウムの増やし方

植え付けたのは、去年の夏だったかな。いつの間にかランナーがびよ~ん。そのランナーから根っこが出てたんですよ。このまま伸ばすより、別個に植えて増やそう!ってことで、子株を鉢揚げして増やそう作戦開始~

エリゲロン(源平小菊)の挿し木に挑戦~

春の庭づくり
エリゲロン挿し木

エリゲロン(源平小菊)にも種類があるけれど、昨年の秋に植え付けたのが、エリゲロン・カルビンスキアヌス。野に咲く花のような素朴な小花なんだけどね。1株がものすごっく大きくなってボリューミィーに。花期が5~11月で、常緑宿根草っていうのが魅力♪

庭で越冬中セダムの植え替え

春の庭づくり
庭の多肉植物

寒さに負けず庭で越冬中のセダム達。ぎゅうぎゅうして窮屈そうだったので、植え替えを決行~元々は、葉っぱが落ちて勝手に庭に自生していたセダムを広い集めて鉢植えにしたもの。雑な扱いだったにも関わらず、のびやか~

ページの先頭へ