疲れに糖分

 

そろそろ必要かもね
疲れにクエン酸ってことで
「キリンサプリ」。

 

というTVコマーシャルを最近見かけます。
クエン酸ドリンクなのですが
でも
甘いものを食べることもありますよね。

 

素朴な疑問。
クエン酸と甘いもの
どっちがいいの?って話なのですが。

 

疲れを感じたとき
甘いものが欲しくなることがあります。
仕事の合間の休憩時間。
5時に仕事が終わって
残業を始める前に
甘いものをつまんだり。

 

甘いものが欲しくなるのは
体がエネルギーを欲しているから。
甘いものは、素早くエネルギーになるため
一時的に疲れがとれるからなのですね。
しかし、とりすぎには気を付けたいところ。

 

じゃあクエン酸ドリンクは?
クエン酸は、すっぱい!
昔から
疲れにはレモンがいいとか
梅干しがいいとか
酸っぱい食べ物がいい
と言われていて
学生の頃の部活では、レモンがでてきたことも。

 

クエン酸と疲労に関しての研究は
現段階で明確なデータがないようです。
しかし、明確なデータはないものの
実際に疲れが緩和された
という人がいるのも事実です。

 

糖分も体に必要だし
クエン酸も体に必要なもの。

 

けれど
糖分は摂りすぎると体によくないし
気持ち悪くなる。
酸っぱいクエン酸は
摂りすぎると気持ちが悪くなる。

 

どちらもほどほどにして
ほっとするための手段にした方がいいような気がします。

 

慢性的な疲れには多くの原因が絡み合っています。
その1つ1つの原因を解決していくのがいいかと思いますヨ。

●⇒根本的な疲労回復法はこちらです