50代ニキビ治し方

 

50代の今だからわかること。
ニキビは体の中からできることが多いということ。

 

私のニキビが一番ひどかったのは31歳。
産後1年たったころでした。
もちろん、若い頃もそれなりにありましたけど
顔肌が紫色になって
化粧もできないほどになったのはこの時。

 

仕事、家事、育児をこなし、姑もいる。
疲れもストレスもピークだったのだと思います。

 

皮膚科で週に1回ピーリング。
使ってる化粧品をみてもらったり
飲み薬を処方されたりしましたけど
まったく治る気配はなし。

 

皮膚科を変えても同じ。
ホルモン関係かな?と
婦人科を受診したら
「ニキビは皮膚科へ」と言われる始末。

 

どうしたらいいのかわからん!
だから放っておくしかなかった・・・

 

でもね、ニキビができている時期は長かったけど
いつの間にか消えたっ。

 

そんな経験をしたからわかるんです。

 

ニキビは
体の中の環境の悪化を教えてくれているんだと。

 

皮膚科へ行けば
抗生剤やビタミン剤、塗り薬を処方されるけれど
それできれいに治るのかっていったらそうでもない。

 

でも
どうしたらいいのかわからないから
治らない・・・とつぶやきながらも
多くの人は皮膚科へ通う。

 

どうしてニキビができるのかっていったら
皮脂の分泌量が多いとか
肌を汚れたままにしているとか
もちろん、外的要因はあるけれど
今思うのは
体の中にもっと目を向けようよ
ってこと。

 

ホルモンバランスが乱れていることもある。
思春期のニキビや
更年期世代のニキビはこれが多いと思う。
薬を塗っても
根本的原因を放っておくから治らない。

 

それと
ストレス過多。
食生活の乱れ。
睡眠不足。
運動不足。

 

どれか1つでも当てはまると
いずれはニキビができる。
2つ以上当てはまったら
目に見えてニキビは増えていく。

 

50代になった今でも
時々、ぽつん・・・
そういう時は
今の生活環境を振り返ることにしています。
原因がなにかあるはずだから。

 

ニキビができないようにするのには
ニキビを治すことに力を注ぐよりも
これからできないようにすることに力を注ぐ!
これ、大事だと思います。

 

・ホルモンバランスを整えるお守り
・栄養バランスを整えるお守り
・ストレス緩和のおり
・血行を整えてくれるお守り
・ぐっすり眠れるお守り

 

ぜ~んぶ叶うから、飲んでいるのがプラセンタサプリメント。
以前よりも、ニキビは出来にくくなっています。

 

●⇒おすすめのプラセンタサプリメントはこちらです