口臭解消法

 

毎日歯磨きしているのに、口臭が気になる!と言う人は意外に多いもの。
口臭って言ったら、食べかすが歯に挟まっていたりして、それが臭う!って思いがちですケド
そればっかりじゃあない!

 

歯磨きしても気になる口臭は、実は、体内老化を教えてくれているのかも知れません。

 

口臭の原因をあげてみると

・歯磨き不足

・唾液不足

・ビタミンC不足

・便秘している

 

歯磨き以外にもこんなに原因があるんです。

 

歯磨き不足

当然ですが、歯の間に食べかすが残っていると、食べかすから悪臭がでて、口臭の原因になります。
歯周ポケットに残っても同じ。
歯は、永久歯に映え変わってから、ずーっと長い間使っているものですよね。

 

歯磨きっていうと、歯を磨けばよい!というイメージですが
実は、歯周ポケットもきれいにしておかないと、年齢と共に深くなり
食べかすが詰まりやすくなります。
それが悪臭を放つのはもちろん、歯槽膿漏の原因にも。

 

歯磨き回数は、1日1回より2回が◎。
1回よりも、2回歯磨きをした人の方が、新陳代謝がよく、美人ホルモンも出やすい!というデータがあります。
唾液には美人ホルモンが含まれているからなんですヨ。

 

また、舌の表面をきれいにするのもお忘れなく。
専用の舌ブラシを使うと、舌を傷つけることなくきれいにできます。

 

唾液不足

意外かも知れませんが、唾液量が少ないと口臭がでやすくなります。
それは、唾液は細菌を洗い流してくれるから。

 

自律神経には、交感神経と副交感神経がありますが、リラックスモードの副交感神経が優位なときに唾液がでやすくなりますので
日常的にストレスを感じていたりすると、唾液量が少なくなります。

 

また、柔らかいものを好んで食べたり
口呼吸をしても口の中が乾燥して、唾液量が少なくなります。

 

よく噛んで食べることで、唾液が分泌されやすくなりますヨ。
お水を飲むのも◎。

 

ビタミンC不足

口臭予防

 

 

ビタミンCが不足しても、口臭を感じるようになります。

 

ビタミンCは、抗酸化力が高いビタミン。
体の中の酸化を抑えてくれることから、口臭だけでなく、体臭も抑えてくれます。

 

口臭は、口の中からだけでるものではなく、体の中からも出てきます。
それは、年齢を重ねるほど出やすいし
ストレスを感じるほど出やすいんです。

 

一言で言ってしまえば、体内老化!
体内老化を予防するのには、抗酸化力が高いビタンCをとるのがおすすめです。

 

野菜や果物の他、緑茶は、ビタミンCが多く、殺菌作用もあるのでおすすめですヨ。

 

抗酸化という意味では、プラセンタサプリメントもおすすめです。
毎日の食事では満足に補えない・・・とか
野菜が苦手・・・とか
そういう人にいいかと思いますヨ。

 

●⇒おすすめのプラセンタはこちら

 

便秘している

排泄されるべきものが、腸の中に留まっていると、悪臭を放つようになります。
悪臭は、体内に取り込まれて全身を巡るので、口臭の原因にもなるし、体臭の原因にもなります。

 

野菜から食物繊維を。
納豆やキムチ・ヨーグルトなどから乳酸菌を。
便が固くならないよう、水も飲むようにするのがおすすめです。

 

口臭には、口の中の状態が悪くて臭う口臭と、体の中から臭う口臭があり
体内老化を教えてくれていることもあるわけです。
原因がわかれば、対処法もわかりますよね。
1つ1つ解決していって下さいね。