オルラヤホワイトレース

 

ネットで見つけて、きれだな~と苗でお取り寄せしたオルラヤホワイトレース。
真っ白な花が一斉に咲くのはとてもきれいで、ガーデナーには人気の花なんです。

 

 

オルラヤとテントウムシ

 

 

テントウムシも遊びに来てくれましたヨ。
実は私、種まきが苦手で、今までほとんど種まきで育てたことはないんだけど
だって・・・種って小さくって、1粒ずつ蒔くのが苦手・・・
挿し木は好きなんだけどネ。
今年は、種まきにも挑戦してみようかな・・・と、種がとれそうなものは、種をとってみることに。

 

オルラヤホワイトレースの種採取方法

オルラヤ種

 

 

オルラヤは、花が終わると、緑色の種の素ができるんですよ。

 

 

オルラヤの種

 

 

6月下旬になると、茎も種も茶色くなり、種はイガイガ状態に。
これは、植物の種の保存能力からできた形なんだろうな~
色々なものにくっついていって、落ちた場所で咲き、増殖をするためなんだと思う。
下手に触ると刺さって、いててーーな種なんですよ。
軽く触って、ぽろっととれれば種の収穫合図。

 

 

オルラヤの種採取

 

 

半分に割った状態が種。
封筒などに入れて保管し、9月になったら種を蒔きます。
ちなみに、こぼれ種でも芽を出す確率が高い花です。

 

デルフィニュームの種採取方法

デルフィニューム

 

草丈が1mを超えるでかいデルフィニューム。
これは、我が家の裏に住んでいる御夫婦から苗で頂いたもの。
今年は種をとってみたら?
と言われ、嫌とも言えず・・・・(;^_^A
来春になったら、種から育てたデルフィニュームをお見せしましょう~と
デルフィニュームの種も採取です。

 

 

デルフィニューム種

 

 

6月下旬になると、茶色くなってカサカサしてきます。
種を見てみると、サヤの中に黒い種ができてる!

 

 

デルフィニュームの種

 

 

初めて見たけど、サヤの中にたくさんの黒い種ができてました。

 

 

デルフィニューム種とり

 

 

手のひらの上でゆさゆさと揺らしてみると、種がうじゃ~っと落ちてきて
多すぎるほどの種が収穫~
デルフィニュームも、9月になったら種まきをします。

 

ビオラの種採取方法

ビオラ

 

実はこのビオラ、こぼれ種育ちで、5月になってから咲いたんですよ。
紫色と白。
濃い紫色と淡い紫色のグラデーション。
2種類の花が1株から咲いてるなんて不思議~

 

 

ビオラ種採取

 

 

6月になって見てみたら、あら~
種がびっしり!
触ってみると、まだしっかりくっついていたので・・・

 

 

ビオラ種採取方法

 

 

種がはじけた時のために、お茶パックをかぶせて種を採取しました。

 

 

こぼれ種ビオラ

 

 

こちらの赤いビオラもこぼれ種育ち。
6月下旬に花が咲いたんですよ。
これも種がとれればいいな~

 

ビオラの種をとるのも初めてで、6月まで待たないといけないんですね~
知らなかった!
ビオラの種まきは、8月下旬~10月です。