庭の多肉植物

 

 

寒さに負けず庭で越冬中のセダム達。
ぎゅうぎゅうして窮屈そうだったので、植え替えを決行~
元々は、葉っぱが落ちて勝手に庭に自生していたセダムを広い集めて鉢植えにしたもの。
雑な扱いだったにも関わらず、のびやか~

 

 

自生している多肉植物

 

 

ゼラニウムの鉢に勝手に生えてきたセダムがこれ↑
名前は不明。

 

 

自生している多肉植物

 

 

勝手に自生しているセダムがこれ↑
これは多分、フクリンマンネングサ。
秋までは元気で色もきれいだったのに、12月にはかなり変色してきました。

 

 

12月のセダム

 

 

フクリンマンネングサは、12月になって、伸びていた部分はカット。
名無しさんもかなりでかく成長~

 

 

2月の庭のセダム

 

 

2月も終わりに使くなると、名無しセダムがヤバイ状態に!
多分、元々は屋内で健やかさを保つセダムなんだろうな~
無理やり庭で越冬させてるゆえ、瀕死の重傷的な・・・
葉っぱに触ってみると、外葉はふにゃ~っとしているけれど、内側は意外と大丈夫そう。
ってことで、2つの鉢に植え替えです。

 

 

庭セダムの植え替え

 

 

鉢から出してみると、元気に根を張ってましたよ。
根っこを少し整理して、新しい植木鉢に。

 

 

100円ラコッタ

 

 

98円だった牛のラコッタに名無しさんを植えて・・・

 

 

セダム植え替え

 

内側の、しっかりした葉だけを残して植え替え~

 

 

庭セダム植え替え

 

 

元々植えてあった鉢には、フクリンマンネングサだけを植えました。
これで、今年の冬までは大丈夫かな(* ̄m ̄)

 

屋外で過ごしているセダムの水やりなんだけど
冬場は、鉢植えも地植えもあげなくてもすくすく成長しています。
夏場は、鉢植えも地植えも、たま~に揚げる程度で、そんなに神経は使ってません。

 

室内で育てているセダム類は、葉をみればお水のあげどきがわかりますヨ。
葉に元気がなく、しな~っとして来た時がお水のあげ時。
お水をあげると元気になります。

 

こちらは、地植えで越冬しているセダム。

 

セダムパリダム

●パリダム

 

小指の先ほどが落ちて、あっという間に繁殖~
霜にも強いセダムです。

 

 

地植えセダム

 

 

名前はわからないけれど、これも枯れずに地植えで元気。

 

 

庭で冬越しできるセダム

 

 

これも名前は不明。
赤褐色の葉がポイントになっていいかな~って植え付けたもの。

 

冬でも枯れずに庭で越冬できるセダムの花壇も作りましたよ。
まだすかすかだけどネ。
立派に成長するといいな~

 

 

セダム:フクリンマンネングサ3号ポット

 

 

セダム:パリダム3号ポット