ニオウ足のケア

 

 

足を洗っても臭う人は意外と多く、悩んでいる人も多いですよね。
汗をかく夏ともなると、靴の中が蒸れてしまうことも原因の一つですが
女性の場合、ブーツを履く冬でもニオウ!

 

足のニオイには、納豆のニオイ成分が含まれていることもあり
納豆くさ~って感じることも。
そして、厄介なことに、この納豆のようなニオイは、洗ってもなかなか落ちない!

 

でも、すべての人がニオウわけではないですよね。
足がニオウ人とニオワナイ人の違いって何なのでしょう?

 

足がニオウ原因

 

足がニオウ原因は3つ。

・汗
・角質
・雑菌

 

足に汗をかいて雑菌が繁殖することが原因になります。
雑菌は、角質をエサにするので、角質ケアをしていないと、エサがたくさん~
雑菌が繁殖しまくってしまうことに。

 

つまり
汗をかいた後のケアと角質のケアをすることで、足のニオイを軽減することができるんです。
足がニオワナイ人は、日常的に角質ケアをしているのかもしれませんね。

 

角質ケアで雑菌の繁殖を抑える方法

 

角質ケアと言ったら足の裏。
足の裏は、人の全体重がかかるので、皮膚の中で一番丈夫で固い部分ですよね。
この固いのが角質です。

 

角質ケアをしていないと、冬にはかちこちになって、ヒビが入ったり割れてしまったり
めくれあがったところにストッキングがひっかかって、伝線してしまったり・・・
1年を通して、足の裏の角質ケアは大切になります。

 

私の足の角質ケア方法をご紹介します。

 

臭い足のお手入れ方法

 

 

お風呂で皮膚が柔らかくなった時に、石けんの泡を付けて、軽くこすります。
擦りすぎると、かえって角質が厚くなることもありので、無理やりこするのはNG。
親指の裏側なども固くなりやすいパーツなので、一緒にチェックしましょう。

 

 

臭い足のお手入れ方法

 

 

親指の先も少し固くなっていたので、この部分も泡をつけてやすりをかけました。
洗うときは、爪の間の汚れ指と指の間の落としも忘れずにしましょう。
これもニオイの原因になります。

 

 

固い足のお手入れ方法

 

 

お風呂から上がったら、やすりをかけたところにオイルを塗って・・・

 

 

足の角質ケア

 

 

ラップパックをします。

 

 

かかとお手入れ法

 

そうすると・・・

 

足のケア

 

しっとり~

 

かかとのケア

 

固かったかかとも、だんだん柔らかくなってきて
雑菌のえさが減っていきます。
乾燥すると、角質は分厚くなっていくので、角質ケアをしない日も
お風呂上りにオイルを塗るのがおすすめ。
私は、お風呂上りと朝に、毎日オイルを塗って固くならない様にしています。

 

オイルは、お顔用に使っているものがあればそれでOK。

 

●⇒おすすめのフェイスオイルはこちら

 

 

重曹足湯でニオイを消す

 

重曹

 

 

簡単にできる重曹足湯もおすすめ。
洗面器にお湯を入れ、大さじ2杯程度の重曹を入れます。
その中に足を20分位つけるだけです。

 

ニオイが軽減されるだけでなく

肌そのものがすべすべになった・・・とか
足がさらさらするようになった・・・とか

言う人も多いんですよ。

 

蒸れにくい靴下を履く

 

履く靴下でも、ニオイの出方が違ってきます。
ムレにくい素材は、綿・シルク・ウールとの混合素材。
ムレナイという点では綿がいいのですが、汗の発散性がいまいちなので
結果的には蒸れやすくなってしまいます。

 

レディース靴下 抗菌靴下

 

 

毎日同じ靴を履かない

 

毎日同じ靴を履くと、湿気がこもり、蒸れやすくなってしまいます。
何足かをローテーションして履くのがおすすめ。
汗を吸収してくれる中敷や、抗菌してある中敷を使うのもいいですよ。

 

消臭インソール女性用 中敷き

 

 

足のニオイを消す方法はいくつかありますが、できることから始めてみてくださいね。
お役に立てれば幸いです。