009938

 

女性に多いのが、鉄分が不足することによる貧血。

生理で鉄分を失いやすいということもあり、若い日本人女性の約6割は、潜在的な鉄欠乏症なんだとか。

体の中にある鉄分の約6割は血液中にあるので、鉄分が足りなくなれば、酸素も十分に運べなくなります。

 

鉄の約2割は肝臓などに蓄えられますケド、貧血状態になると、この蓄えられている鉄分が使われます。

この蓄えられた分がなくなると、疲れやすくなったり、息切れしたり・たちくらみ・頭痛・・・などが起きてきます。

 

 

このような症状を抑えるのには、鉄分を補うのが一番の解決策になります。

 

 

鉄には、ヘム鉄と、非ヘム鉄があります。

 

・ヘム鉄・・・吸収率 約20%

・非ヘム鉄・・吸収率 2~5%

 

鉄分はとても吸収が悪いので、欠乏症になりやすい!という特徴があります。

 

鉄分を摂るときは、ヘム鉄を摂ることをおすすめします。

 

 

貧血にいいミネラル 鉄分を含む食べ物
ヘム鉄 赤味魚・肉・レバー・しじみ・あさり など
非ヘム鉄 ほうれん草・小松菜・ひじき・大豆・卵黄など

 

 

<鉄分を摂るときの注意点>

mini鉄を摂るときは、たんぱく質やビタミンC・ビタミンB6・クエン酸などと一緒に摂ること。

吸収率が高くなります。

 

mini鉄には過剰症があります。

単品で摂るよりは、マルチ的に他のビタミンも一緒にとれるサプリメントがおすすめです。

 

私もよく貧血を起こしていましたが、鉄分以外もマルチ的にとれるサプリメントを飲むようになって、貧血を起こさなくなりました。
サプリメントには鉄もありますが、相乗効果が得られるサプリメントがおすすめ。
プラセンタには、鉄や吸収をよくするビタミンCも含まれています。
細胞を活性化する成長因子も摂れるのでおすすめですヨ。

 

<プラセンタ関連リンク>

50代プラセンタ・美肌サプリメント おすすめランキング

プラセンタの栄養素と効果まとめ