秋にしわが増えた!それは肌の夏バテかも?これ以上しわを増やさない方法
64

 

 

女の肌は夏に老ける!って文字をよく目にするようになりましたね~

 

マイナス肌を目指しているのに、気付けばプラス5歳肌!プラス10歳肌・・・な~んて顔が引きつる・・・
20代30代の頃は、夏に老ける!なんて言われても、ふ~ん・・・
でもねぇ~
40代になって、そうかも?
50代になって、そうだわな~・・・って(;^_^A

 

今年の夏は、日中に何回日焼け止めを塗りたくっていることか!
汗をかくたびに日焼け止め。
ちょっと庭へ出るだけでもしっかりと重ね塗り。
お顔もファンデーションを重ねまくって・・・
それだけやっても、秋にはちょっと・・・ってなる人が多いんだわよね~

 

夏の紫外線や冷房にさらされたお肌は、湿気が少なくなってくる秋になるとよ~っくわかるもの。
お肌のトラブルの8割は紫外線によるもの。
気温が不安定だったり、湿気が高かったり
室内へ入れば冷房で冷やされ、体はついていけなくなる。

 

毎日続いた結果、お肌は夏バテして、秋には・・・

・乾燥する
・目尻に線が刻まれる
・目尻が下がってくる
・頬も下がってほうれい線の溝が深くなる
・口角も下がってくる
元の位置を無視して下がりまくります。

 

そして

 

・顔肌が茶色くくすむ
・シミが目立ってくる

 

強烈な紫外線!やばし!
活性酸素出まくりーー
体の中も活性酸素でいっぱいいっぱい。

 

はい、プラス5歳肌の出来上がり~

 

こういう状態に気付いたら、一刻も早くお手入れに力を入れるべし!
っていうか、そうなる前から手を打っておくのが鉄則っ。
こういったお肌のSOSは、年齢を重ねれば重ねるほど回復に時間がかかりますから。
20代の頃のような活発な新陳代謝力はなくなっているゆえ
回復までは長い時間がかかることを念頭に置き、とっととケアを始めましょう。

 

50代の場合のケアは、外からのケアはもちろん、体の内側からの抗酸化対策も同じ位大事になってきます。
肌の老化サインは表面化して目に見えるものだから
スキンケアでなんとかしよう、、、と思う人が多いかと思います。
確かに、美白化粧品を使ったり、日焼け止めクリームを塗ることは大事です。
でもそれ以上に大切なのは、体の中からの若返りケア。

 

活性酸素は、細胞まで傷つけるとも言われている悪玉菌のような存在。
活性酸素の増殖に比例して、老化サインも増えていきますので
細胞が今以上傷つかないよう、増やさない様な抗酸化ケアが必須です。

 

基本は、体の中の抗酸化ケア。
そのうえで、シミや肌くすみが気になるのなら、美白ケアアイテムをプラス。
しわが気になるのなら、しわケアアイテムをプラスするのがおすすめです。

 

 

抗酸化サプリメントを摂る

 

ビタミン類で言えば、抗酸化作用が高いのは、ビタミンCやビタミンE。
どちらか一つでもOKですが
ビタミンCとビタミンEは、お互いが作用しあってより強力になることから、一緒にとるのがおすすめ。
毎日の食事で、意識してとるようにしましょう。

 

 

●ビタミンC
ブロッコリー・キャベツ・柿・キウィ・菜の花・いちご・みかん・オレンジ・芽キャベツ・ピーマン・焼き海苔・抹茶・イモ類・・・などに含まれています。

 

●ビタミンE
さんま・メカジキ・ブリ・ギンダラ・レバー・すじこ・いわし・たらこ・うなぎ・にら・菜の花・アボガド・ごま・玄米・牛乳・かぼちゃ・アーモンド・マヨネーズ・マーガリン・大豆油・・・などに含まれています。

●⇒ビタミンを含む食べ物はこちら

 

 

また、色の濃い野菜はβ-カロテンを多く含み、抗酸化力も高いので進んで摂るようにしましょう。

 

私の場合は、もちろん食事も意識していますケド、抗酸化サプリメントとも言われているプラセンタサプリメントをとっています。
ビタミンCもEも含みます。

 

また、紫外線で傷ついた細胞そのものを修復したり、活性化したりすることから、しわ対策にも◎。
乾燥対策にも◎。
更には美白効果も高めてくれますよ(o^-‘)b グッ!
一石二鳥にも三鳥にも四鳥にもなっちゃいます。

 

体の中からのケアは、始めるのが早ければ早いほど、短時間で効果を実感できますけど
反対に
遅ければ遅いほど時間がかかりますヨ。

●⇒おすすめのプラセンタサプリメントと正しい選び方はこちらです