冬でも枯れない寄せ植え

 

 

手間がかからない多年草。
しかも常緑のカラーリーフっていいわよね~
冬でも枯れないし (* ̄m ̄)
花数もグリーンも少なくなる冬に重宝♪

 

今から作っておくと、秋が終わるころには一回り大きくなって、寒さをしのぎやすくなるかな~と。
南側にブロック塀があって、日当たりがいまいちの場所に置くのに、半日陰でもOKの、常緑多年草の寄せ植えを作ってみたヨ。

 

半日陰のカラーリーフ

 

 

icon-check01-redカレックス オシメンシス
グラス植物のような使い方が出来る植物。
暑さ寒さに強い。冬でも枯れない。
耐寒温度は -15度。
草丈  約50cm

 

icon-check01-redヒューケラ ブラックベリータルト
耐寒温度は -20度。
草丈 20~40cm位。

 

icon-check01-redロニセラ レモンビューティー
耐寒性常緑低木
耐寒温度は -10度。
年中葉がついていて、横に広がっていくグランドカバープランツ。

 

icon-check01-redジニア
1年草。
冬の入り口まで花が咲く。
半日陰でもそれなりに花が咲く。

 

ジニアは1年草だけど、刺し色的に入れてみた。
その他は、冬でも枯れない常緑多年草です。

 

冬でも枯れない寄せ植え

 

 

植木鉢の底石の代わりに、発泡スチロールを砕いたものを入れてます。

石は重たいからね~

大き目の植木鉢を使うときは、いつも発泡スチロールを使用。

 

冬でも枯れない寄せ植え

 

こんな感じかしらね~ってシュミレーションをして・・・

 

冬でも枯れない寄せ植え

 

 

できた!

 

グラス類寄せ植え

 

8月にはわっさわさ~

 

 

カラーリーフ寄せ植え

 

 

秋には、かなりのボリュームに!
ジニアは横へおしやられてしまうほど。
カレックスが大株になったので、株分けをして、地植えにしたり、単体で植えたりしてます。

 

 

冬のカレックス

 

 

これは冬のカレックス。
温かい季節と比べると、葉色に元気が無くなりますが、この状態で冬越しをしています。

 

 

カレックス冬の葉

 

 

3月頃になると、カレックスの花芽が伸びてきました。

 

カレックスの花

 

 

茶色い花というか穂というか・・・これが、だんだんベージュ色になってふさふさしてきます。

 

 

カレックスの穂

 

 

 

カレックスブロンズカール

 

 

これもカレックス。カレックスブロンズカールです。
枯れているのではなく、元々がこういう枯れたような色合いなんですよ。
おもしろいでしょう~去年の秋に植えたばかりなので、まだ小さいんですけどね。
大株になるのが楽しみです。

 

ヒューケラは半日陰でのびのび育つ!って言われてるカラーリーフ。
夏~秋にいい感じで日が当たる所に植えたヒューケラはイキイキしてました。
ところが!
冬~春はまったく日が当たらない花壇に植えっぱなしにしていたら、ヤバイことに。

 

冬日陰のヒューケラ

 

 

完全にダメになったわけではないけれど、ちょっと可哀そうな姿に。

 

 

冬半日陰のヒューケラ

 

 

一方、冬でも程よい半日陰に植えてあったヒューケラは元気いっぱい♪

 

 

冬半日陰のヒューケラ

 

これも元気。
半日陰を好む植物は、1年を通して半日陰じゃあないと元気に育たないんですね~
当たり前かな・・・
でも、勉強になりました。

 

●⇒宿根・常緑 冬でも枯れないカラーリーフ23種まとめ

 

 

●⇒カレックス ‘ブロンズカール’

 

 

●⇒カレックス・オシメンシス

 

 

●⇒【D】ヒューケラドルチェブラックベリータルト

 

 

●⇒ロニセラ・レモンビューティー