スーパーカスケード

 

花かんざしの花期は、冬~春。
うちの花かんざしは、去年の秋に植え付けて、冬~春までずーっと咲いていたんですよ。

 

今まで、花かんざしとペーパーカスケードは同じ!って思っていたらどうも違うらしい。
大きさも花の感じも似ているんだけどね。

 

うちのは花かんざし。5月になって、ほとんど花が咲かなくなってきたので、地植えしておいたのを鉢揚げしました。
挿し木で増やせるってことなので、そのうちやろ~
で、ようやく挿し木をしました。

 

花かんざしの挿し木方法

 

 

びよ~んと伸び放題。

 

 

5月の花かんざし

 

 

下の方は、もうだめじゃん?っていうくらい枯れてる・・・でも、これが一般的な状態なんですよ。

 

うまく管理すれば、株は大きくなって、また花を咲かせるようです。
ただ、夏が苦手ってことで、夏にダメになる事が多く、1年草扱いになっているみたいですが。
完全にだめにならないうちに、挿し木に挑戦~

 

 

花かんざしの増やし方

 

 

緑色の元気な部分をカットして、お水に差しておきます。
何しろ初挑戦。
失敗してもいいや~っていう気持ちで、いっぱい挿し木を作りました。

 

 

花かんざしの増やし方

 

 

使ったのは鹿沼土。
多分、フツーの草花の土でも大丈夫だと思うんだけど
この前使った鹿沼土があったので、これを使ってます。
鉢に鹿沼土を入れて、鉢底から水が流れる位湿らせておきます。

 

 

花かんざしの増やし方

 

 

湿らせた土に、ズボズボと差し込んで終了~
差し込みにくい時は、割りばしなどで穴をあけてから差し込むといいですよ。
挿し木は、日陰に置いておきます。
これで、秋には根っこが出て花が咲く!・・・はず。

 

 

夏越しした花かんざし

挿し木した花かんざし

●10月の花かんざし

 

 

無事に夏越しができて、10月には挿し木した花かんざしも随分大きくなりましたよ。
左側が親株。
右が挿し木した花かんざし。
すでにわさわさしてますケド。
伸び過ぎたら、短くカットしてもまた伸びてきます。

 

 

翌年3月の花かんざし

挿し木した花かんざし

●2年目の花かんざし 親株

 

 

3月になって親株も子株も花が咲きはじめました。
親株はかなりダイナミック。
茎も長めゆえ、花の重たさで下向きに咲いている花がたくさんあります。

 

花姿としては乱れ気味。
自然の花姿としてとらえれば、これはこれでいいんだと思いますが
苗で売っている1年目の花かんざしのイメージではないですね~

 

 

1年目の花かんざし

●1年目の花かんざし

 

1年目の花かんざしは、しっかり上を向いてコンパクトに咲いています。
コンパクトにまとめたい時は、毎年挿し木で更新して、子株を育てるのがいいかな~っていう気も。
好みの問題ですケドネ。

 

挿し木は簡単にできるので、挿し木した花かんざしと親株を比べてみるのもいいかもですね。

 

 

ペーパーカスケード

 

 

花かんざしの花びらは、触ると、紙みたいにかしゃかしゃ。
乾燥しているような、おもしろい手触りなんですよ。

 

苗が出回るのは、秋ごろだと思います。

 

●⇒花かんざし(ハナカンザシ)