0-21

 

 

生理痛の重さは人それぞれ。
寝込んでしまうほどの人もいれば、ほとんど痛みを感じない人もいますよね。

 

生理痛の主な原因は、子宮を収縮させる成分が分泌されるから。
プロスタグランジンと言われる物質なんですケド、これが生理痛や腰痛を引き起こすと言われています。

 

生理痛の緩和にい役立つビタミンは、ビタミンB1。
月見草オイルやブラックコホッシュなどもいいと言われています。

 

末梢血管を広げ、血液の流れを良くするのがビタミンE。
プロスタグランジンというホルモンの代謝を調節もしてくれます。
ビタミンEは、女性ホルモンと関係がある脳の視床下部にもいいので、日頃から補っておくといいと思いますヨ。

 

ホルモンバランスを整えるのには、プラセンタ・大豆イソフラボン・ビタミンB6・カルシウム・朝鮮人参などもいいと言われています。

 

また、血行を良くするという意味では、鉄・亜鉛なども役に立ちます。

 

痛み緩和 ビタミンB1・月見草オイル・ブラックコホッシュ
血液の流れを良くする ビタミンE・大豆イソフラボン・ビタミンB6・カルシウム・朝鮮人参

 

 

生理痛緩和にいいビタミン ビタミンを含む食べ物
ビタミンB1 豚肉・たらこ・うなぎ・レバー・豆類・胚芽米・のり・わかめなど
ビタミンB6 肉・魚類・レバー・とうもろこし・卵・豆腐など
ビタミンE 魚・牛乳・野菜・果物・うなぎ・アーモンドなど
大豆イソフラボン 豆乳・豆腐など
カルシウム 桜エビ・しらす干し・チーズ・がんもどき・モロヘイヤ・ひじき・きなこなど
朝鮮人参 オタネニンジン・高麗人参とも言われる。サプリメントでとると安価です
レバー・ほうれん草など
亜鉛 牡蠣・うなぎ・レバー・チーズ・卵黄など

 

これらのビタミンを一度にとるのには、プラセンタなどのサプリメントがおすすめです。

 

<プラセンタ関連リンク>

50代プラセンタ・美肌サプリメント おすすめランキング

プラセンタの栄養素と効果まとめ