お肌を傷めない脱毛

 

 

肌を露出する季節になると、脚はともかく、せめて見える腕ぐらいは脱毛しようかな~
って人も増えてきますよね。
私もそうなんですけどネ。

 

一言に脱毛と言っても、方法は様々。
生えている毛を脱毛するんですから、毛根や肌を傷めることもあり、それがシミの原因になることもあったりします。

 

ではでは、お肌を傷めない脱毛!50代の脱毛は、何が一番いいの?
脱毛方法をいくつかピックアップ検証です。

 

 

毛抜きで脱毛する

 

毛根に一番刺激を与えるのが、毛抜きで脱毛をすること。
イメージとしては、無理やり引き抜くわけですから、相当なダメージがあります。

 

毛根そのものを傷め、化膿することもあるし、抜いた部分が色素沈着してしまうことも。
お肌のためにはおすすめできません。

 

 

カミソリで脱毛する

 

カミソリ脱毛は、比較的手軽なので人気がありますよね。
肌負担も比較的少な目ですケド、何も塗らずにカミソリをお肌に当てると、角質を傷めてしまう可能性も。
クリームなどをお肌に塗ってから脱毛をするのが◎。

 

 

電気カミソリで脱毛する

 

手軽だし、肌負担も少な目。
でも、生えにくいように・・・とぐいぐい剃ってしまうのはNG。
生えてきたらその都度脱毛するとして、深ゾリしないようにしましょう。

 

 

脱毛クリームで脱毛する

 

薬品で脱毛をするタイプ。
広い面積を一度に脱毛できるのが人気。
脱毛した後に、毛穴を引き締めるようなタイプもあります。
薬品を使うので、かぶれることもあります。

 

 

ワックスやテープで脱毛する

 

ちょっと怖いかな・・・って感じるのが、ワックスやテープ。
毛抜きの脱毛に似た部分があり、毛根を傷める可能性もあるし
角質を一緒に剥がしてしまう危険性もないとは言えません。
痛みも伴います。

 

 

脱毛をする時に気を付けたい事

お肌を傷めない脱毛方法

 

 

icon-check01-red乾いた状態で脱毛をしない
カミソリを使う時、乾いた状態ですると、肌表面を傷つけてしまいます

 

icon-check01-red深ゾリをしない
埋没毛を剃ろうとすると、お肌を傷めるばかりか、炎症を起こしてしまうことも。
毛の流れに逆らわない様に剃るのがおすすめ。

 

icon-check01-redお風呂での脱毛
カミソリ脱毛の場合、お風呂でやるのが簡単ですよね。
でも、お風呂に入っている時は、毛穴も広がっているし、雑菌への心配もあるんですよ。
カミソリ脱毛は、お風呂からあがってからがおすすめ。

 

icon-check01-red体調が悪い時は脱毛をしない
体調が悪い時は、抵抗力も落ちているので、雑菌への抵抗力も落ち、炎症を起こしやすい状態。
また、日焼け後の脱毛も肌負担が大きいのでおすすめできません。

 

 

カミソリ脱毛・電気カミソリ脱毛は、比較的簡単だし、肌負担も少な目ですが
一方で、気を付けたい点もいくつかあります。
私は、脱毛クリームを使うことも多いので、面積が広い場合は、脱毛クリームもいいかと思います。

 

脱毛をした後は、低刺激のクリームなどを塗るのも忘れずに。
乾燥しないよう、保湿をしてくださいね。