体を冷やさない温かいお茶

 

 

ただでさえ太りやすくなってしまう50代。
特に気を付けたいのが夏!

 

あぢぃ~と、冷たい飲み物をがぶがぶ。
アイスクリームをぱくつく。
夏にありがちな光景ですケド、実は、50代女性にとっては最悪の組み合わせなんですよ。

 

冷たい物 + 砂糖

 

冷たい飲み物は、一時的にはリラックスできますケド
これを繰り返すと体を冷やすことにもなり、自律神経は乱れ、女性ホルモンにも影響が!
太りやすくもなってしまいます。

 

1年を通して、飲み物は温かいものを。
お水は常温で飲むのがおすすめです。

 

50代になったら、女性ホルモンに悪影響を与えない様にするのもアンチエイジングの一つ。

 

更に

 

甘いものは中毒性があると言われていますよね。
毎日甘いものを食べることを習慣にしてしまうと、中毒のようになってしまうんですよ。

 

仕事の合間に、あま~いコーヒーを飲んでゆったりくつろぐ。
時間がたつと、また甘いものが欲しくなって、甘いコーヒーを飲んでしまう。
血糖値が上がったり下がったり、急激に起きるのは、女性ホルモンにいい影響はありません。
太りやすくもなってしまいます。

 

お肌においては、糖化も気になるところ。
糖化というのは、トーストした茶色いパンを想像するとわかりやすいと思います。
トーストしたパンは、食べてはおいしいでくケド
水分が抜けてぱさぱさ・・・食感も固くなりますよね。

 

お肌がこのような状態になるのが糖化!
砂糖を摂りすぎると、糖化が進み、シミ・ハリや弾力の低下老化にもつながります。

 

50代こそ要注意!太りやすいインスタント食品

老化するインスタント食品

 

 

夏に辛いのが、火を使う料理。汗だくになってしまうこともありますよね。
おっくうだからといって、インスタント食品に頼ってしまいたくなることもあると思うんですケド
インスタント食品はできるだけ避けるのが◎。
化学調味料が多く、体内のミネラル分を奪い、女性ホルモンにも影響がでてきてしまいます。

 

また、喉ごしのいいそうめんや冷麦を食べる機会も多くなってきますよね。
うどん類は、炭水化物なので血糖値を上げやすい食品。
目には見えませんケド、体の中では、上がった血糖値を下げようとしています。
血糖値が上がったり下がったり、急激のことは、体に負担になりやすく、女性ホルモンにとってもいい影響はありません。

 

こういった食事を続けていると、肌荒れとか抜け毛とか・・・
そういったトラブルもでてくるし、太りやすくもなるゆえ、栄養バランスを考えた食事をしたいですね。

 

また、夏バテしないように・・・という思いから、カロリーの高いものばかり食べていると太りやすくなってしまいます。
毎日暑いところで過ごしていると、確かに体はバテやすくなりますが
エアコンが効いた室内で過ごすことが多い場合は、夏バテしにくいかと思います。
環境によって違ってきますので、カロリーが高いものばかりでなく、バランスを保って食事をするのが◎。

 

エアコンが効いた室内にいると、屋外へでたくなくなりますよね。
そうすると運動不足にもなりますので、消費カロリーが少なくなり、これも夏太りの原因に。
涼しい時間を使って軽めの運動をするなど、工夫して体を動かすようにするとよいかと思いますヨ。

 

夏太りするの主な原因は3つ。

・冷たいもののとりすぎ

・高カロリーの食事が多い

・運動不足

 

 

サプリメントでバランスを保つ

乱れてしまう栄養バランスを整えるのには、サプリメントを摂るのも◎。
ビタミンやミネラルなどの他、女性ホルモンもサポートしてくれるサプリメントがプラセンタ。
新陳代謝を活発にし、血液の流れを整えてくれたり、冷えを緩和してくれたりも。

 

1年を通してプラセンタを飲んでいる私は、夏バテも夏太りもなく過ごせています。
プラセンタは、50代女性にこそ、ベースサプリメントとして摂りたいですね。

 

プラセンタサプリメント人気ランキング