実は消えないシミがあった!これさえ知っていれば完璧美白

美白化粧品

 

 

お顔に茶色いものがでてくればシミ!
一言でまとめてしまうけれど、実は、シミには、消えるシミと消えないシミがあるんです。

 

化粧品で消えるシミ

 

icon-check01-red老人性色素斑
シミの中で一番多いシミ。紫外線の影響でできるシミ。

 

icon-check01-red炎症性色素斑
ニキビ跡や、毛抜き脱毛後にできるシミがこれ。

 

icon-check01-red肝斑
更年期い多いシミ。出来るのは頬。もやもやとしたシミが左右対称にできる。内服薬を併用するのが◎。

 

 

化粧品で消えないシミ

 

icon-check01-redそばかす
鼻の周りにできるシミ。遺伝的な要素が強く、化粧品の効き目は緩やか。レーザー治療が◎。

 

icon-check01-red脂漏性角化症
老人性色素斑が、盛り上がったもの。レーザー治療が◎。

 

icon-check01-red花弁状色素斑
日焼け後に、肩や背中にできるシミ。レーザー治療が◎。

 

 

シミの中で一番多い老人性色素斑!
30代になったころから、一つ二つと目立ってきて、悩ましいシミですよね。

 

でも、老人性色素斑は消えるシミ!美白化粧品が有効っ。

 

美白化粧品は、デイケアで根気よく継続するのがおすすめ。
シミを薄くする成分が入った化粧品と、シミ予防ができる化粧品。
この2つを同時進行することで、シミはできにくく!できているシミは目立たなくなっていきます。

 

ところが!
美白化粧品を使っていると、薄くなるどころか、シミが目立ってきた!という人も多いんですよ。
実は、これはよくありがちなことなんです。

 

 

美白化粧品が効かない!?その理由をいくつか挙げてみます。

icon-check01-redくすみがとれてシミが目立っている

icon-check01-red予防しかできていない

icon-check01-redシミが真皮層にある

 

美白化粧品が効かない理由① くすみがとれてしみが目立っている

 

私も長い事美白化粧品を使っています。
美白化粧品を使い始まると、まず最初に、お顔全体が明るくなっていきます。

 

 

シミ

シミ

 

こんな感じですね。

 

シミは根が深く、色も濃い。
お顔のくすみがとれて明るくなると、シミが目立ってくるんですよ。
美白化粧品が効いている証拠ってわけです。
これは、シミの色が濃ければ濃いほど感じやすいと思います。

 

美白化粧品が効かない理由② 予防しかできていない

 

美白には2つの意味があります。

・シミを薄くする・消す
・シミを予防する

どちらも美白です。

 

消費者は、シミを消すのを美白だと意味づけていますが
化粧品メーカーの多くは、シミ予防化粧品を販売しています。
ここに、大きなズレがあるんですよ。

 

厚生労働省が認可している美白成分をあげてみます。

・アルブチン
・ビタミンC誘導体
・エラグ酸
・ルシノール
・プラセンタエキス
・カモミラET
・トラネキサム酸
・リノール酸
・コウジ酸
・4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
・マグノリグナン
・ハイドロキノン

これらの9割は予防に効果があると言われている美白成分です。

 

 

アルブチン・ビタミンC誘導体・プラセンタエキスなどは、よく美白化粧品に配合されていますケド
これらは、多少のシミ消しにも役にはたちますが、どちらかと言えばシミ予防に効果が高い成分です。
ですので、これらの成分だけを使っていても、私たちが求める美白にはなかなか近づけないんですよ。

 

上記の成分の中で、シミ消しとして見た場合、有効だとされているのがハイドロキノン。
皮膚科でも処方されているので、聞いたことがあるかも知れませんね。

 

シミを消す!という意味の美白の場合は、攻めの美白ができる成分を配合している化粧品がおすすめ。
今使っている化粧品の美白成分をチェックしてみてくださいね。

 

美白化粧品が効かない理由③ シミが真皮層にある

 

皮膚には、表皮があって、その下に真皮層があります。
シミは表皮の一番下の基底層にでき始まります。

 

ターンオーバーが正常ならば、シミはだんだん押し上げられ、いずれは剥がれ落ちていくものですが
中には、真皮層まで落ち込んでしまうものがあり
このシミは、化粧品では美白することができません。

 

老人性色素斑は、美白化粧品が有効だとは言われていますが
シミの状態によっては、消えないものもあるということです。

 

50代美白セット

 

おすすめの美白化粧品は、ビーグレンホワイトセット。

・洗顔料・・・クレイ
・化粧水・・・ビタミンC誘導体
・Cセラム・・・ピュアビタミンC美容液
・美白クリーム・・・ハイドロキノン
・美容クリーム・・・抗糖化エイジングケアクリーム

 

シミを薄くしていきながら予防もする美白化粧品です。

 

●⇒私の口コミ

●⇒ビーグレンホワイトセット詳細

 

 

シミ消し・予防に役立つ食べ物

 

本気の美白のためには、体の中からも同時進行するのがおすすめ。
毎日どんなものを口にすれば美白に役立つのかチェックしてみます。

 

icon-check01-redビタミンC
いちご・みかん・オレンジ・レモン・抹茶・菜の花・ブロッコリー・・・など。

 

icon-check01-redビタミンE
アーモンドなどのナッツ類・うなぎ・レバー・にら・牛乳・アボガド・・・など。

 

icon-check01-redハイドロキノン
いちご・コーヒー・紅茶・麦芽

 

icon-check01-redエラグ酸
ラズベリー・いちご・ブドウ

 

ビタミンCとビタミンEは、抗酸化作用が高いビタミンなので、美白に役立ちます。
また、美白成分のハイドロキノンとエラグ酸は、食べ物から摂ることもできます。

 

体の中から美白をサポートするには、抗酸化力を高め、新陳代謝を整えることも大切。
取り入れた栄養素を、全身へ届けるため、巡りをよくすることも大切です。
新陳代謝・巡り・美白のために、サポート的にプラセンタサプリメントを摂るのもおすすめです。
プラセンタサプリメントは、美白にいいとされているサプリメントです。

 

豚プラセンタ

 

プラセンタ最高濃度10000mg!品質の良さは、スキンケア大学に掲載されるほど。

初回500円。継続しやすいSPF豚プラセンタサプリメントです。

 

●⇒私の口コミ

●⇒ステラマリアプラセンタ詳細

 

 

シミを消したいのに消えない!
消えるどころか濃くなった!
勘違いもあるし、化粧品選びを間違っている場合もあります。
チェックして、1つ1つ解決していってくださいね。