抗老化

 

アンチエイジング = 抗老化

 

紫外線を浴びれば光老化。
紫外線っていうと、シミとかしわとかお肌のことばかり気になってしまうけれど
実は、体の中まで老化させてしまう元凶。

 

呼吸をするだけでも、悪玉活性酸素は増殖し、その結果、お肌も体も錆びつく・・・
ちょっとぐらい紫外線を浴びてもどうってことはなかった若い頃。
代謝も盛んだし、錆びることに対しての抵抗力もあったからなんですよね。
でも、40代50代と年齢を重ねていくと、代謝力も低下し、抵抗力も低下していきます。

 

そうなると
お肌においては、シミ・しわ・くすみ。
体においては、疲れやすくなり、体力も低下。
風邪をひきやすくなったり、体調がすっきりしない日が多かったりし、病気がちにもなっていくんですよ。
免疫力も低下してしまうからなんですよ。

 

健康&美肌を保つためには、一番に、邪魔な活性酸素を増殖させない
それは、毎日口にする食材も得ることができるんですよ。
錆びないために、これだけは摂りたい抗酸化食材を3つご紹介します。

 

抗老化食材ビタミンC

抗酸化食材

 

抗酸化力が高いことで知られているのがビタミンC。
化粧品でも、ビタミンC配合化粧品は、シミに人気ですよね。
これは、抗酸化力が高く、シミ消しやシミ予防に役立つから。

 

ビタミンCを口から取り入れることで、体の中に増殖してしまう活性酸素を抑えることができます。
ビタミンCは、蓄えておくことができないビタミンなので
1日に何回かに分けてとるのがおすすめ。

 

<ビタミンCを含む食材>

野菜や果物に多く含まれています。

レモン・いちご・みかん・オレンジ・ブロッコリー・ほうれん草・菜の花・芽キャベツ・抹茶・・・など。

 

<ビタミンCを摂る時の注意点>

朝に避けたい食材があります。それはソラレンを含むもの。
ソラレンは日光に反応して、シミができやすくなると言われています。
ソラレンを含む食材は夜に摂るのがおすすめです。

レモン・オレンジ・パセリ・セリ・三つ葉・明日葉・キウイ・いちじく・春菊・人参・きゅうり・・・など。

抗老化食材ビタミンE

ビタミンEも抗酸化力が高いので、毎日摂りたいビタミン。
ビタミンCを一緒に摂ると、吸収力が高まるので、ビタミンCと一緒に摂るのがおすすめ。

 

<ビタミンEを含む食材>

ダイズ油・オリーブ油・ゴマ油・大豆・落花生・アーモンド・玄米・大豆・レバー・魚・牛乳・果物・すじこ・うなぎ・・・など。

 

ビタミンEは、40代を過ぎたら積極的にとるといいと言われ、若返りのビタミンとも!
末梢血液の流れもスムーズにしてくれますヨ。

 

抗酸化食材ポリフェノール

抗酸化食材

 

一時、ファイトケミカルという言葉を耳にしましたが、ポリフェノールもファイトケミカルの一つ。
ポリフェノールにも種類があるので、代表的なものをあげてみます。

 

<ポリフェノールを含む食材>

icon-check01-redカテキン・・・緑茶・ウーロン茶

icon-check01-redイソフラボン・・・大豆・豆乳・きなこ・納豆

icon-check01-redリグナン・・・ごま・アマニ油・大豆

icon-check01-redアントシアニン・・・赤ワイン・ぶどう

icon-check01-redβ-カロテン・・・人参・ほうれん草

icon-check01-redリコピン・・・トマト・すいか・柿

 

体もお肌も、錆びたいために摂りたい食材は抗酸化力が高い物を。
ビタミンC・ビタミンE・ポリフェノール!
これだけは毎日欠かさない様にしたいですね。

 

抗酸化力が高いサプリメント

わかっていても、思うように摂れないことは多いもの。
上記のビタミンはサプリメントで摂ることもできます。
単体で3種類とることもできるし、マルチ系で摂ることもできます。

 

抗酸化力が高いサプリメントで見た場合、プラセンタもそのうちの一つなんですよ。
栄養素で見た場合、ビタミンCもビタミンEも摂れるし
それ以上の濃い栄養素をとることもできます。

 

新陳代謝を高め、免疫力も高める!
血液の流れもスムーズに整い、栄養素が全身へ届きやすくなりますヨ。

 

毎日の食事では、上記に挙げたような食材を意識して摂り
足りていない分はプラセンタでとるのもおすすめです。

 

おすすめプラセンタまとめ

プラセンタ栄養素・効果まとめ