プラセンタ・コラーゲン・ヒアルロン酸・ローヤルゼリー効果比較

すっぽん小町

 

アンチエイジングサプリメントで人気なのが
プラセンタ・コラーゲン・ヒアルロン酸・ローヤルゼリーなど。
でも、いざ飲もうとすると、どれがいいのか迷ってしまいませんか?

 

どれもよさそうだし、でも値段はバラバラでよくわからない・・・
って言う人って多いと思うんです。
どれを飲むのがいいのかって言うのは
どうしたいのか・・・でも違ってくるし
年齢でも違ってきます。

 

人気のアンチエイジングサプリメント。
サプリメントは薬ではありませんので
効果や効能をうたうことはできませんが
わかりやすくするために、効果という言葉を使っています。
サプリメントは補助食品なので
食事で足りないものを補う、という摂り方をおすすめします。

 

また、サプリメントは
腸の状態が弱っていたり、酵素が少なかったりすると
吸収率が下がり実感度が低くなる傾向があります。
生野菜や発酵食品等をとり、腸の状態を整えておくのが◎。

 

プラセンタ・コラーゲン・ヒアルロン酸・ローヤルゼリー、それぞれの効果をチェックしてみました。

コラーゲン成分と効果

コラーゲンはたんぱく質の1つ。
体を作るたんぱく質の30%はコラーゲンで
肌・血管・骨・軟骨など、あらゆるところにあります。
細胞同士をつなぎ合わせる役目もあります。

 

コラーゲンを摂ると、体の中でアミノ酸に分解されます。
コラーゲンは、アミノ酸がいくつもくっついた形になっているんですヨ。
分解されたアミノ酸は、体の必要なところで使われます。

 

全てが、再びコラーゲンとして使われるわけではないんです。
コラーゲン効果は、わかりやすく言えばアミノ酸効果だと言えると思います。

 

コラーゲン効果に関しては
古くは「効果なし」と言われていましたが
最近では見解が違ってきています。
体の構成成分で、細胞構成や骨・血管などにも貢献してくれています。

 

icon-check01-redコラーゲン成分
バリン・ロイシン・イソロイシン・グルタミン・グルタミン酸・アラニン・スレオニン・フェニルアラニン・メチオニン・チロシン・アスパラギン酸・アルギニン・プロリン・リジン・アスパラギン・セリン・グリシン・ヒスチオジン

 

icon-check01-redコラーゲン効果

アミノ酸効果をいくつか挙げてみます。

 

・エネルギー効果を高め疲労回復に役立つ
・たんぱく質強化
・スタミナをつける
・集中力を高める
・肌をきれいにする・・・など

 

アミノ酸は、体を構成する成分なので
皮膚・髪・爪など
あらゆるところに存在し、必要な成分です。

 

アミノ酸(コラーゲン)を摂りつづけると

・お肌がきれいになったり
・髪がさらさらになったり
・爪が割れにくくなったり

美容においては、このような効果を得ることができるわけです。

 

美容に関してコラーゲンがおすすめの年代は、20代~30代。
20代は、体内のアミノ酸も豊富で、お肌ぴちぴちな年代ですが
まだたっぷりあるうちに摂り始まることで
目に見える老化スピードを抑えることが出来ます。
減り始まってからだと、補っていくには時間がかかりますので
早めに飲み始まるのがおすすめ。

 

<注>
コラーゲンにおいては
健康にも美容にも様々な効果が期待できるとはいえ
十分なエビデンスがある!
とは言えない部分もあり、研究解明がされている段階。
サプリメントを摂るときは、信用できるものを選んでくださいね。

 

すっぽん小町

●おすすめのコラーゲンはすっぽん小町

ヒアルロン酸成分と効果

ヒアルロン酸は保水力が高いことで人気のエイジングケア成分。
ヒアルロン酸サプリメントには2種類あります。

 

・バイオで作ったヒアルロン酸サプリメント
・ECM-E製法で作ったヒアルロン酸サプリメント

 

バイオで作ったヒアルロン酸サプリメントは
大量生産できることから、お値段が安価。
一方、ECM-E製法(特許製法)のヒアルロン酸サプリメントは、お値段がお高め。
1万円位します。

 

icon-check01-redECM-Eって何?

原料はにわとりのトサカ。
ECM-E製法は、世界9か国で11個の特許を取得している製法。
ヒアルロン酸サプリメントについては、意味がない!
と反論する研究者も多いですが
そんな中、ECM-Eヒアルロン酸だけは一目置かれているようです。

 

ECM-E製法で作られたヒアルロン酸は低分子で
ECM-E製法じゃないヒアルロン酸と比べると
その吸収力は約1.5倍!
ヒアルロン酸の他、コラーゲンやコンドロイチンが自然含有されていることから
別個にコラーゲンを飲む必要がないと言われています。

 

icon-check01-redヒアルロン酸サプリメント効果

ECM-Eヒアルロン酸を1年以上継続して飲んでいた時期があります。
確かに、肌全体がしっとりしてくる感じや
水をはじく感じなどを実感することができました。
化粧品での保湿は部分的なものですケド
サプリメントで摂ると、体全体が中から潤ってきます。
乾燥肌の人におすすめのサプリメントですね。

 

年齢で言えば、乾燥が気になってくる30代頃から。
コラーゲンと同じように
早めに20代から飲み始まるのもいいかと思います。

 

ヒアルロン美潤

●おすすめのヒアルロン酸はヒアルロン美潤

ローヤルゼリー成分と効果

ローヤルゼリーは、花粉を食べたはたらきバチが体内で作る分泌物です。
古くからあるローヤルゼリーには多くの栄養素が含まれています。

 

icon-check01-redローヤルゼリー成分

アミノ酸の他、ビタミンBなど、単品で数えると40種以上。
ローヤルゼリーにしか含まれないデセン酸・類パロチンなども含まれています。

 

類パロチンは
筋肉組織や血管・内臓の老化を予防すると言われている成分。
ローヤルゼリーの良し悪しは、デセン酸量で決まる!
と言われていますので、配合量が明記してあるものがおすすめ。

 

icon-check01-redローヤルゼリー効果

成長促進・機能促進・解毒作用・肝臓の脂肪沈着予防・肝機能促進・疲労回復・善玉コレステロールを増やす・免疫力向上・脳の活性化・血圧を整える・脂肪肝の予防・自律神経失調症・更年期障害・がん細胞抑制など・・・

 

50代ローヤルゼリー

●おすすめのローヤルゼリーはアサヒSAIローヤルゼリー48EX

 

ローヤルゼリーの品質は、デセン酸量で決まる
と言われていて、3%以上配合されていれば優良。
アサヒのローヤルゼリーには5%ものデセン酸が含まれています。
飲みやすいカプセル状で安価です。

プラセンタ成分と効果

プラセンタは、赤ちゃんを育てる神秘の臓器。
多くの栄養素を含んできます。
厚生労働省が認可している美容成分の一つです。

 

ヒト由来プラセンタは、サプリメントでは販売されていません。
サプリメントの原料は、豚由来・馬由来・羊由来があります。
植物プラセンタも出回っていますが
植物には胎盤がありませんので
本当の意味でのプラセンタではありません。
アンチエイジングサプリメントとして摂るのはいいと思いますが
プラセンタ同様の効果は期待できないかと思います。

 

icon-check01-redプラセンタ成分

アミノ酸・ビタミン・ミネラル・核酸・脂肪酸・酵素・成長因子(EGF・FGFなど)・糖類・インターロイキンなど

 

血となり肉となり骨となり
細胞を増殖させながら成長するために必要な栄養素のすべてを含んでいます。

 

icon-check01-redプラセンタ効果

血行促進・冷え性改善・ 皮膚再生・炎症を抑える・活性酸素の中和・自律神経を整える・更年期障害の緩和・肝機能を整える・生理不順・ホルモンバランス整える・免疫力が上がる・美白や肌荒れ改善・バストアップなど・・・

 

プラセンタにはアミノ酸が多いことから
その効果は
コラーゲンのアミノ酸効果に、数々の栄養素がプラスされた効果になっています。
一番の特徴は、EGFやFGFなどのグロースファクターや
免疫機能を高めるインターロイキンの存在。
プラセンタでしかとれない栄養素です。

 

女性ホルモンや更年期障害にもいいことから
おすすめの年代は30代後半以降。
特に、40代50代の女性にはおすすめです。

 

ローヤルゼリーとプラセンタ効果は似通っている部分があります。
サプリメントとして出回ったのは
ローヤルゼリーの方が古く、プラセンタは比較的最近のもの。
ローヤルゼリーは、年齢を重ねた人に人気が高いようです。

 

豚プラセンタ

●おすすめ豚プラセンタはステラマリアプラセンタ

私の口コミはこちら

 

上記にあげたサプリメントは
全部、長期にわたり飲んで
その効果を実感してきました。
そして、50代になった今
継続しているのがステラマリアプラセンタです。

 

と言うように
それぞれ、成分も違いますし、効果も違ってきます。
口コミでは私の体験談を載せていますが
これらの効果は飲む人の体内環境によっても違ってきます。

 

コラーゲン・ECM-Eヒアルロン酸・ローヤルゼリー・プラセンタを比較して
おおざっぱに年齢で分けると

icon-check01-red20代30代前半なら・・・コラーゲン・ECM-Eヒアルロン酸
icon-check01-red30代後半、40代50代なら・・・ローヤルゼリー・プラセンタ

 

という風になるかと思います。

●⇒プラセンタ効果 詳しくはこちらの記事をご覧ください

 

年齢や症状に合わせて、サプリメントを選んでくださいね。