水仙

 

ポピュラーな花水仙。
春になると、道端とか畑とか、野原で自生しているような水仙を見かけることもありますよね。
いかにも簡単に花が咲くイメージもあり、ズボラな私向きじゃな~い・・・と球根を植えてみた。

 

ところが!!

 

咲かねぇ~
毎年咲かねぇ~

 

早々と、葉っぱだけはしゅる~と伸びて、今年は咲きそう♪
しかーし!!
咲かねぇ~

 

日当たりがいまいちなのかな~・・・と日当たりのいいところに植えたり
肥料をあげたり・・・

 

でもやっぱり咲かねぇ~

 

4年目にして、ようやくなんでだろう~と、調べてみることに。
もっと早く調べろよっ!って話なんだケドネ(;^_^A

 

 

水仙

 

 

実はワタクシ、毎年、葉っぱを切り落としていたんです。

 

水仙の葉っぱって、ずーっと青々と伸びてるでしょう。
花が終わったら、処分するもんだと思っていたわけよ。
実は、これがだめだったんです。

 

水仙は、花が終わったら、葉っぱで光合成をして、球根に栄養分を蓄えて、大きくするんだそう。

 

知らなかったーー
放置しておいた方が、球根は立派に育つってわけ。
だから、道端とか野原に咲いて放置されていた水仙ほど、花が咲きやすいんですよ。

 

球根はたくさんあるのに、今年は6本くらいしか花が咲かなくって
危うく、今年も葉っぱを切り捨てるところでした。

 

水仙に限らず、花が終わっても葉っぱが青々としているお花はあるけれど
それには、ちゃんとした理由があるんですね~

 

今年は、枯れるまで置いておいて、来年、水仙が咲き誇るのを楽しみに♪
皆さんも気を付けてくださいね~