2

 

抜け毛が気になる時は、シャンプーを変えてみて
それが自分に合うと自然と抜け毛は減ってくることもあるのですが
50代になって思うのは、ぬけ毛の原因は体の中にある!
ということ。

 

最近では育毛シャンプーとか
頭皮ケアをして育毛をするとか
そういったヘアケア商品もありますよね。
私もシャンプー選びは慎重。
抜け毛が減ったり手触りがよくなったりしたシャンプーは、長いこと使ってるんですよ。
抜け毛が減って髪にコシがでてきて、ラッキー♪
ずーっとシャンプーのお陰だと思っていたんですよ。

 

しかし、頭皮表面はシャンプーできれいになるけれど
頭皮の中の問題は解決できません。
健やかな髪を作り出しているのは頭皮の中!
頭皮が栄養失調だったら、いくら良いシャンプーを使ったところで
コシのある髪は生えにくくなります。

 

抜け毛を減らす栄養素

抜け毛を減らし、健やかな頭皮、髪を生みだすには、まんべんなく栄養素をとるのが理想ですが
中でも、頭皮や髪の成分でもあるたんぱく質(アミノ酸)は十分に補いたい栄養素。
また、血液の流れをスムーズにしたり、抗酸化作用が高い
ビタミンCやビタミンEもしっかりとりたい成分です。
頭皮の新陳代謝のためにはビタミンB。
髪の成長のためには亜鉛も忘れずに。

たんぱく質

肉・魚・豆腐、納豆など。

ビタミンC

ブロッコリー・キャベツ・柿・キウィ・菜の花・いちご・みかん・オレンジ・芽キャベツ・ピーマン・焼き海苔・抹茶・イモ類など。

ビタミンE

さんま・メカジキ・ブリ・ギンダラ・レバー・すじこ・いわし・たらこ・うなぎ・にら・菜の花・アボガド・ごま・玄米・牛乳・かぼちゃ・アーモンド・マヨネーズ・マーガリン・大豆油など。

ビタミンB

豚肉・たらこ・うなぎ・レバー・ハム・ベーコン・いくら豆類・玄米・のり・わかめ・しいたけ・こんぶ・きなこ・焼きふ・かつおぶし・ごま・ナッツなど。

亜鉛

レバー、豆腐、チーズ、ナッツ、たらこなど。

 

プラセンタの育毛効果

私は、足りない栄養素をプラセンタで補っています。
プラセンタサプリメントを継続していたら、抜け毛が極端に減り
髪にコシがでて、1本1本が根本からしっかりしてきたんです。

 

そして気付いたのが、プラセンタによる育毛効果!
元々柔らかくて細かった髪の1本1本しっかりしてきたのは
頭皮の中のインナービューティー環境が整ったお陰なんだと気づきました。

 

50代になると、女性ホルモンが減ってしまうことから、自然と男性ホルモンが優位になってしまいます。
男性ホルモンが増えてしまうと、毛母細胞が委縮してしまって、髪の成長が止まる!
と言われています。

 

更に、ストレスを感じたりすると、頭皮に届く血液量も少なくなって十分な栄養素が届かなくなってしまいます。
栄養分が届かなければ
髪の根っこにある毛母細胞もダメージを受け、発毛もままならない!
栄養失調で髪の成長が止まり、伸びないし、細くなるし
抜けやすくもなっていきます。

 

50代女性の髪は、全体的に細め。
ねこっけ状態で、根元からの立ち上がりもないため、ぺたんとしてしまいがちですよね。
これは、頭皮に栄養分が届きにくく、栄養失調状態だということを教えてくれているのです。

 

プラセンタには、上記に上げた頭皮に必要な栄養分が含まれるだけでなく
ホルモンバランスを整えたり血行を良くする作用もあるため、頭皮の栄養状態を整えてくれます。
プラセンタが持つ成長因子の一つにインスリン様成長因子がありますが
インスリン様成長因子が増えると、育毛が促進される!
という臨床報告もあります。

 

また、髪の主成分はアミノ酸ですよね。
プラセンタには、豊富なアミノ酸も含まれています。
頭皮にも血行にも髪にもスペシャルな栄養分が豊富なんですヨ。

 

毛母細胞の細胞分裂も活発に!
根本からしっかりしてきて、ハリ・コシを感じるようになっていきます。

 

これは、私自身経験していることです。
元々ねこっけで柔らかい髪質が更に細くなっていましたが、最近は、ふんわり感を感じるようになっています。
髪の量も増えたように感じるのは、抜け毛が減ったことに加え、1本1本にコシがでたからなんだと思いますヨ。

 

●⇒髪にいい!プラセンタおすすめランキングはこちら

 

もちろん、シャンプー選びも大切です。
若い頃のシャンプーは、髪を洗うというイメージかと思いますが
50代になったら、シャンプーは頭皮を洗う!
という意識を持つのが大切だと感じます。
そのためには、頭皮に刺激を与えない優しい洗浄料のシャンプーを使い
乾燥させずに、保湿力が保てるシャンプーを選ぶのがいいかと思います。

 

体の中からのケアと外からのケア。
両方整えば、抜け毛も違ってくるかと思います。

 

●⇒50代の頭皮ケアシャンプー人気ランキング べたつく原因とシャンプーの選び方