10

 

プラセンタメーカーでは、副作用に関しては教えてくれません。
それは
副作用は、飲んだ人全員にでるわけではないからだと思います。

 

私は、プラセンタ注射も経験したし
プラセンタサプリメントも試しました。
その結果
プラセンタサプリメントで副作用がでたことはありませんが
プラセンタ注射では副作用がありました。
やはり、副作用があるのは怖かったので
今では、プラセンタサプリメントを愛用しています。
プラセンタサプリメントにおいては
2018年現在では、重大な副作用の報告はないようですが
体質により下記のような副作用はあるようです。

 

プラセンタサプリメントの副作用

一般的に言われていることをまとめました。

 

mini便が柔らかくなる
mini腹痛
mini胃もたれ
miniかゆみ
miniむくみ
miniにきび

 

ただ、飲み初めにこのような症状が出ても
最初だけで、次第になくなっていくことが多いようです。

 

また、ニキビやむくみに関しては
飲む時期にも関係しているのではないか、と思っています。
それは生理前。
生理前は、何をしなくてもむくんだりニキビが出来やすい時期です。
この時期に飲み始めるのは控え
生理が終わってから飲み始めると効果がわかりやすいと思います。

 

プラセンタサプリメントに限らず
他のサプリメントでも化粧品でも
副作用が出やすいのは生理前です。
生理後に使い始まると
本当の良さを実感しやすいかと思います。

プラセンタ注射の副作用

2018現在のプラセンタ注射は2種類

 

miniラエンネック・・・慢性疾患・肝硬変・肝機能障害
miniメルスモン・・・・更年期障害・乳汁分泌不全

 

筋肉注射や皮下注射が一般的です。

 

副作用としては
悪寒・悪心・発熱・発疹など。
注射したところが、赤く腫れることもあります。

 

閉経後に生理が始まることもあるようですが、私の場合は、生理不順でした。

 

毎月定期的にあった生理が狂ってしまい、これが2か月続きました。
不安になってドクターに相談し、プラセンタ注射を辞めたら!
生理不順が解消され、元に戻りました。

 

重大な副作用ではないかもしれませんが
怖くなったので、プラセンタ注射は辞めました。
私のような頻度は、かなり低いらしく
添付文書にも載っていないようでした。

 

また、プラセンタ注射をすると、献血が出来ませんので
安易にやらないほうがいいかも・・・とは思います。

 

プラセンタサプリメントにしても、プラセンタ注射にしても
今まで摂っていなかったものを取り入れるわけですから
副作用があっても不思議ではない、という部分はあると思います。

 

例えば、インフルエンザワクチンを接種すると赤く腫れたりすることがあります。
また、病院で処方された薬でも、合わなければ
下痢をしたり痒くなったりの副作用はあります。
それと同じだということですね。

 

プラセンタによる副作用は、体質により
出るかもしれないし、出ないかもしれない・・・ということですネ。

 

私は、安心なプラセンタサプリメントを継続しています。

●⇒プラセンタおすすめランキング