6

 

 

セルフブランディングっていうのは、わかりやすく言えば自己アピールのこと。
そして、セルフブランディングの目的は認知度の獲得です。

 

どんな仕事をするにしても、認知度が低ければ仕事は舞い込んできません。
特に、創業したての場合はこだわりたいところ。

 

私は、自宅で仕事をすることが多いので、営業マンがよくきます。
色々な営業マンがいて、こういった営業マンから学ぶことは多いです。

 

初夏に多くなるのが、新卒の飛び込み営業マン。
飛び込みですからね~相当怖いと思いますし、やりたくない・・・って思ってる人も多いんじゃないかと。

 

時々います。
セルフブランディングに力を入れてるな~って感心する営業マンが。

 

新卒営業マンに多いんですケド、自己紹介を自分で作って、プリントアウトをしたものを渡してくれるんですよ。
それも写真入りで。
ほぉ~名刺よりいいわ~努力してるねぇ~感心感心。
初対面の人の閉ざした心を開く材料にしているわけです。

 

 

そして、退職後に始めたよね~って感じる営業マンも来ます。
まったくセルフブランディングをせず、いきなり本題へ突入ーーーあり得ない・・・
あんた誰?
名刺もないの?

 

そういう営業マンは、玄関を開けると、2~3メートルも離れたところにいたりします。
怖いんでしょうね、、、すでに態度に出てますからーー
そして、ちょっとでも反論しようものなら、毒舌を吐いていく。
あんた、何しにきたの?的な・・・( ̄ヘ ̄)ヤレヤレ

 

 

創業成功のカギは、セルフブランディングが握っている!
物を売る前に、自分を売れ!

 

遠回りのように思えますけど、これは決して遠回りなのではなく、仕事の一つであってなすべきこと。
仕事に必ず関わってくるのが人。
人と人のつながりがうまくできていなければ、成果は上がらないですもんね。

 

セルフブランディングをするというのは、ただアピールするだけではありません。
人として!の部分はとても大切です。

 

これは、のちに
あなただから・・・という形であらわれてきます。

 

あなただからお願いしたい
あなただから購入したい

 

著名な成功者は、人として、の部分が高く評価されています。
例えば、松下幸之助さん。
物売りの前に、人を大切にして成功された一人です。

 

これから創業しようとか、副業を始めよう、と考えている人は、頭の片隅に置いておいてくださいね。

 

最後まで読んでくださりありがとうございます m(__ __)m
今日の記事から、拾うところがあれば幸いです。