バナー原稿imp 


50代ファンデーション

朝にファンデーションを塗った直後はきれいなのに、時間がたってくると毛穴落ちしてぽつぽつ目立ってくる。毛穴にリキッドファンデーションがすこん!開いた毛穴一杯に埋まってるし化粧も崩れやすい、という悩みを抱えている人は割と多いような気がします。

 

リキッドファンデーションが毛穴落ちしやすいのは、実は油分量が多いから。油分が多いリキッドファンデーションは塗って時間がたつと、先に水分が蒸発してしまうんです。油分だけがお肌に残ってしまい、そうすると、肌表面の保水力も低下してしまうため、毛穴が目立ってしまう、ということに。

 

人肌は常に代謝をしているため、化粧崩れしないリキッドファンデーション、毛穴落ちしないリキッドファンデーションはあり得ない!化粧崩れや毛穴落ちに関しては、パウダーファンデーションでも一緒です。肌の水分が蒸発して、保湿力が低下してしまうと、毛穴落ちしやすくなります。

 

毛穴落ちは嫌だけれど、乾燥がちな50代の肌に、潤いや艶感をもたらしてくれるリキッドファンデーションは、頼もしい相棒のような存在。じゃあどうすれば毛穴落ちを予防できるのかっていうと、外からの対処法と根本的に肌を変えていく方法があります。

 

icon-check01-red化粧下地で毛穴落ちを予防する
icon-check01-red余分な皮脂をとっておく
icon-check01-redフェイスパウダーを塗って、水分の蒸発を抑える
icon-check01-red乾燥しないよう保湿をする
icon-check01-red毛穴引き締めケアをする
icon-check01-red根本的に肌そのものを変えていく

化粧下地で毛穴落ちを予防する

化粧下地の役割の一つに、凸凹を埋めて滑らかに整える!という効果があるのですが、毛穴に一番強いのが、シリコン化粧下地。

 

シリコンというだけで毛嫌いする人もいるかもしれませんが、毛穴に関して頼もしいのは、シリコン化粧下地なのです。これはスキンケア大学のドクターも言っています。
シリコン化粧下地の特徴としては、少量でも毛穴の凸凹を滑らかに整えてくれて、凸凹がなかったかのように仕上がるところ。毛穴落ちしやすい部分だけポイントで塗ることもできるため
毛穴落ち予防には優秀なのです。

 

カバーオイルブロック使用前

 

カバーオイルブロック使用後

シリコン化粧下地を塗っただけでこの変化!ちなみに、しわにも◎。この上にリキッドファンデーションを塗ると、毛穴落ちしにくくなります。

シルキーカバーオイルブロック

使ってるシリコン化粧下地は、シルキーカバーオイルブロックです。

>>シルキーカバーオイルブロック詳しく見てみる

 

余分な皮脂をとっておく

リキッドファンデーションやクリームファンデーション、BBクリームなど、油分を含むファンデーションを使った場合は、塗った後に、ティッシュで軽く押さえて余分な皮脂をとっておくのがおすすめ。皮脂が多いと化粧崩れの原因になることがあります。

 

化粧直しの時は、油とりがみを使う人もいるかも知れませんが、40代50代の場合は、油とりがみを使うと必要以上に皮脂を取り除いてしまうことも。ティッシュを使うのがいいかと思います。

 

フェイスパウダーを塗って水分の蒸発を押さえる

リキッドファンデーションを塗りっぱなしだと、水分だけが蒸発してしまい毛穴落ちしやすくなります。それを抑えるためには、リキッドファンデーションの後にフェイスパウダーを重ねるのがおすすめ。

これは、私の体験談なのですが、
リキッドファンデーションを塗りっぱなしにしていた時期があって、ある時毛穴落ちしていることに気づいたんです。リキッドファンデーションの水分だけが蒸発して、油分とのバランスが崩れ、その結果毛穴落ちしてしまったようです。そういう時は、お顔全体もテカッテきますね。

 

どうしたものか・・・って悩んでいた時に使ってみたのがフェイスパウダーだったんです。リキッドファンデーションを塗った後にフェイスパウダーを重ねるようになったら、毛穴落ちがしにくくなったし、テカリも気にならなくなりました。そして、フェイスパウダーの役割を知りました。

 

フェイスパウダー=乾燥する=しわ

 

こんなイメージがあって、あまり使うことがなかったのですが、その日を境に使うようになりました。ただ!フェイスパウダーにも弱点があって、それは、一般的にパウダーファンデーションよりも水分量が少ない!ゆえに、べったりと塗るとすると乾燥が気になるところ。なので、美容成分配合のフェイスパウダーを軽く重ねるようにしました。

 

クリアエステヴェール塗布

リキッドファンデーションを塗った状態。

マキアレイベルプレストパウダー塗布

フェイスパウダーを塗ると粉っぽくなりそうな気もするけれど、軽く重ねれば大丈夫。
毛穴落ちしやすい部分は丁寧に塗り、そうでもない部分は軽めにぽんぽんする程度が◎。塗り過ぎないようにするのがポイントです。

50代ファンデーション

使っているのは、マキアレイベル薬用クリアエステヴェールと薬用フェイスパウダー。

>>薬用クリアエステヴェール詳しく見てみる

 

結局のところ、人肌は常に代謝をしているため、毛穴落ちしないリキッドファンデーションっていうのはなくて、いかに予防するかが決め手!メイク関係では、シリコン化粧下地を使うか、フェイスパウダーを重ねるか、または、両方を使ってみるのがいいかと思います。

 

これらは、簡単にできる外からの対処法です。しかし、根本的に肌を変えていかないと、毛穴落ちは永遠に続きます。ここからは、肌を変えていく方法をご紹介します。

乾燥しないよう保湿をする

スキンケアならちゃんとやってるわよ~って言う人は多いかと思いますが、ただ塗っているのと、肌奥へしっかり浸透させるのは違います。特に夏は、湿気があることから、ちゃちゃっとすませて潤ったつもりになっていることは多いもの。

 

化粧水を塗ってハンドプレスをしてしっかり浸透させる。美容液を塗ってハンドプレスをしてしっかり浸透させる。浸透するには時間がかかります。そのため、待ちきれずに、浸透する前に次のアイテムを重ねてしまうこともあるかと思いますが、これこそが化粧崩れや毛穴落ちの原因になります。

 

お肌は正直です。正直ゆえに、保湿が足りないよ~と教えてくれるのが過剰な皮脂。
化粧水や美容液など、水溶性の保湿はほとんどの女性がしているかと思いますが、それでも毛穴落ちしてしまう、というのは、今のケアでは、十分に保湿がされていない!と、お肌が教えてくれているのです。

 

50代の肌は、水溶性の美容成分だけでは十分に潤うことができない場合がほとんど。油分も足りていないことが多いものです。

 

水分と油分のバランスが乱れてくると、肌表面を守るためにでてくるのが過剰な皮脂。人に備わっている自然な反応です。過剰な皮脂は、肌が乾燥を感じると分泌されてくるものなので、芯から保湿することで予防することができます。

毛穴引き締めケアをする

考えてみれば、どうして毛穴は開いてしまうの?という疑問が生まれてきます。
毛穴が引き締まっていて、開いていなければ毛穴落ちしないのに・・・
子供の頃は、毛穴はないの?っていうくらい目立たなかったのに・・・

 

毛穴が開いてしまう原因をあげてみると

・洗浄料が強い洗顔料でごしごし洗顔している
・保湿力が低下して乾燥皮脂がでやすい
・ストレス
・冷え症
・ターンオーバーが乱れて角質が溜り固くなっている

 

などなどいくつかの原因があります。こうして見てみると、毎日のスキンケアだったり体のケアだったり、1つ1つ改善していけばできることもあることに気づきます。

 

スキンケアでは、肌あたりがソフトながらも、毛穴に詰まった古い角質や皮脂を取り除く潤い洗顔料を使い、1日中乾燥しないスキンケアをするのがおすすめ。プラス、過剰な皮脂をコントロールするスキンケアがおすすめです。

 

50代の毛穴トライアル

毛穴スキンケアでおすすめなのが、ビーグレン毛穴ケアセット。開き毛穴・黒ずみ毛穴・角栓が詰まった毛穴などに◎。

 

詰まった毛穴

きれいになった毛穴

私の汚かった毛穴がきれいになって引き締まってきました。

 

潤い洗顔料・過剰な皮脂をコントロールし、潤いを閉じ込めるセットになっています。365日返金保証付きです。

>>ビーグレン毛穴ケアセットトライアル詳しく見てみる

 

ストレスで毛穴が開くってどういうこと?

これは自律神経と関係があります。
ストレスを感じると、自律神経のバランスが乱れ男性ホルモンが分泌されやすくなり、そうすると、毛穴が開きやすくなってしまいます。ストレスは活性酸素を大量に発生させるため、細胞を劣化させる原因になります。活性酸素に体立ち向かうため、体の中ではたくさんのビタミンCが使われることになります。ビタミンCは、皮脂分泌をコントロールする役目もあります。ビタミンなどの栄養素は、生命維持に関わるところから使われて行きます。日常的にビタミンCの摂取量が少ないと、肌に使われるビタミンCが不足してしまうため、肌によい影響はありません。

冷え症で毛穴が開くってどういうこと?

冷えやすい女性は、体温も低め。
そうすると、体温低下を防ぐために過剰に皮脂が分泌されます。全身の血液循環力も低下している状態のため、お肌に必要な酸素や栄養分が行き渡りにくくなります。お肌に必要な栄養分が届かない栄養失調状態が続くと、ターンオーバーが乱れ、その結果、古い角質が残りやすく、毛穴に落ち込んでしまったり、毛穴周りを固くしてしまったりして開きやすくなります。

 

子供の頃はなかったストレスや冷え性。大人になるにつれ、感じるようになり、それが皮脂過多の原因にも。

肌再生力 ターンオーバーを整える

年齢を重ねてから毛穴が開いてしまうのは、ターンオーバーの乱れが関係しています。ターンオーバーが乱れると、肌表面には不要な角質が残りやすくなります。その古い角質は、毛穴に落ち込んで詰まってしまったり、毛穴周りにこびりついて固くしたりするため、毛穴が開いてしまいがちなのです。

 

外からの対処法としては、クレイパックが有効です。クレイが持つ汚れ吸着力を最大限に利用したクレイパックは、毛穴ケアに適していると思います。また、毛穴ケアが可能なクレンジングを使うのもいいかと思います。蒸しタオルで毛穴を開いてケアをする!という方法が紹介されていることもありますが、個人的にはおすすめできません。毛穴は、開くことは簡単ですが、例え冷やして引き締めたとしても、完全に元にもどるか?と言えば、定かではありません。蒸しタオル美容を繰り返していると、毛穴はゆるみやすくなっていきます。

 

そして、一番大事なのに気づきにくいこと。それは、体の中の肌再生能力が低下しているために、潤い不足に陥っている、ということです。

 

実は、毛穴落ちしやすい肌を作っているのは体です。
肌は、毎日口にしている食べ物から作られています。健やかな体からは、健やかな肌が生まれて育っていくもの。しかし、多くの人は、一番大切な部分を見落としているのです。結果として、健やかとはいいがたい肌が生みだされてしまいます。

 

毛穴落ちに永遠に悩まされるか、それとも引き締めていくかは心がけ次第なんです。いつまでも対処法で済ませることも1つの方法ですが、根本から肌を変えていくほうが、美肌に近づきやすいし、いい状態をキープしやすいかと思います。まずは、体の中から健やかに。インナービューティーを目指しましょう。

 

食べて、寝て、巡らせる(運動)!
この3つが整えば、肌は変わりだします。

 

栄養バランスを整える

体に肌に必要な栄養素をまんべんなくとり入れるのが基本です。食生活は特に気を付けたいですね。バランスよく栄養素を取り入れるのには、プラセンタサプリメントがおすすめ。

 

美肌に欠かせないアミノ酸、ビタミン、ミネラルの他、上皮を活性化するEGFや、真皮層の線維芽細胞を活性化してくれるFGFを持っているため、細胞から活性化して、健やかな肌細胞を生み出しやすくしてくれます。

 

毛穴周りにしつこく残っている古い角質は、毛穴に落ち込んでしまうこともあり、それが毛穴を開かせていることもあります。体の中からの保湿はもちろんですが、新陳代謝力を高めてもくれるので、お肌のターンオーバー活性化も期待できます。

ヴィーナスプラセンタ口コミ
信頼性や安全性が高く実感しやすいのが、JHFA認定を受けているヴィーナスプラセンタ。1日でとれる量は18600mg!高濃度です。

>>ヴィーナスプラセンタEX詳しく見てみる

 

睡眠時間を確保する

眠っている間に、お肌が修復されて再生される、という話は聞いたことがあるかと思いますが、実は、疲れたお肌の修復、再生には6時間程度かかります。そのため、睡眠時間が6時間に満たない日が続くと、お肌は十分に修復されずに肌荒れしやすくなります。

 

運動をする

とった栄養素をお肌に届けるのは血液です。そのため、血液の巡りが悪いと肌細胞に充分に届かなくなってしまいます。体に負担をかけない程度の軽い運動を継続するのがおすすめです。ウォーキング、水泳、ヨガ、ストレッチ、ラジオ体操など、自分に合った運動を続けましょう。

 

ファンデーションの化粧崩れや毛穴落ちを予防する方法はくつかあります。1つ1つ試して、自分に合った方法を探してみてくださいね。

 

ファンデーションの毛穴落ち予防法 毛穴落ちしないファンデはない でした。