50代におすすめのクリーム

 

化粧水でお肌を整えて、美容液でエイジングケア成分を届けて
そして、スキンケアの最後に塗るクリーム。
美容クリームは、保湿するだけのものではないし、フタをするだけのものでもありません。
乾燥やしわを予防するエイジングケア成分も配合してあるんですヨ。

 

スキンケア大学によれば
角質層に存在する細胞間脂質(セラミドなど)が80%、NMF(天然保湿成分)が18%、皮脂が2%程度。

 

化粧水や美容液で水溶性の美容成分を届けても
50代の場合、2%の皮脂すらない場合もあります。
それを補うのがクリームなんです。

 

べたつくから・・・と敬遠してしまう人もいると思うんですケド、そのべたつき、実は肌乾燥が原因だった!って言うことも。
油っぽさとかテカリが気になる時は、ごしごしとさっぱり洗顔をしてしまう傾向があると思いますが、実は逆効果!

 

必要な潤いまで奪ってしまうことで、かえって皮脂がでやすくなってしまうんです。
また、化粧水や美容液がしっかり浸透していなくても、お肌は乾燥を感じて、過剰に皮脂を出そうとするもの。

 

一つ一つのプセスを丁寧にこなすこと。
最後まで潤いを届け続けること。
50代肌には、美容液の後の油分を含むクリームは必要です。
水溶性の美容成分の後は、油溶性の美容成分をお肌に届けることで、艶やかさがプラスされますヨ。

クリームの塗り方

頬、おでこ、あごにのせ、丁寧にゆっくりと全体に伸ばします。
最後に手の平と指全体を使って顔を包み込むようにハンドプレスをすると、体温によって肌になじんで乾燥しにくくなります。

 

塗る量は、メーカーに準じます。
テカリが気になるときは、軽くティッシュオフすると落ち着きますヨ。

 

中には、クリームではなく乳液を使っている人もいるかも知れませんね。
絶対クリームじゃないと・・・という事はありません。

 

乳液は、クリームと比べると、緩やかでさっぱり。
内容成分に大きな違いはないので、乳液が好みならば乳液でもいいかと思います。
どっちがいいのかは、塗った後の肌感触が答えをだしてくれます。
ワタクシは、乾燥肌なので、1年を通してクリームを使っています。

 

私が使って良かったアンチエイジングクリーム・リピートしているクリームをまとめました。

 

ビーグレンホワイトクリーム1.9

ビーグレンホワイトクリーム1.9

ハイドロキノンを1.9%配合した美白クリーム。
実際の濃度は、肌奥で4~5%に相当。シミの予防・淡色化が同時進行できます。
お顔全体がトーンアップしてから、ピンポイントでシミが消えていきます。
返金保証・トライアルあり。

y5私の口コミ
y5ホワイトクリーム1.9トライアル

 

ビーグレンモイスチャーリッチクリーム

ビーグレンモイスチャーリッチクリーム

しわ・ハリ・潤い!一度に叶うアンチエイジングクリーム。
表皮形成・肌バリア強化・肌輪郭改善・たんぱく質形成・基底層修復などなど、老化防止に欲しいエイジングケア成分の宝庫。
べたつかず肌奥へ浸透して、内側からお肌が育ってくる!そんな美容クリームです。
トライアル・返金保証あり

y5私の口コミ
y5 モイスチャーリッチクリームトライアル

 

ブルークレールローズリバイタルエッセンスクリーム

ブルークレールローズリバイタルエッセンスクリーム

無添加EGFクリーム。ローズの香りがとてもいい♫
緩やかながら、しっかりお肌に馴染みます。しわに欠かせない潤いも細胞活性化も!
攻めのケアができるクリームです。トライアルあり

y5私の口コミ
y5ブルークレール