50代おすすめファンデーション

 

 

乾燥気味・艶がなかなかでない・しわが気になる・・・
そんな50代は、ベースメイクで艶を生み出すこともできるし、しわやシミをカバーすることもできます。
50代乾燥肌の気になるエイジングサインをカバーするファンデーションは、パウダーファンデーションよりもリキッドファンデーションがおすすめ。

 

 

50代がリキッドファンデーションを使うメリット

 

50代にリキッドファンがおすすめの訳、それは、美容成分配合だから。
50代肌は、ほとんどの人が乾燥気味だと思います。

 

乾燥肌に、パウダーファンデーションを使うと
艶も出ないし、浮いてしまったり、しわに入り込んで筋になってしまったり・・・
のような悩みが出てきやすいもの。

 

その点、リキッドファンデーションならば
美容成分が、乾燥しにくい潤いをもたらし、艶をキープしてくれます。

 

・乾燥肌~普通肌 ⇒ リキッドファンデーション
・オイリー肌~普通肌 ⇒ パウダーファンデーション

 

肌質で言えば、上記のようになるかと思います。

 

 

私が使って良かったリキッドファンデーション・BBクリームをピックアップ。
崩れにくく持ちもいいファンデーションをまとめました。

 

 

 薬用クリアエステヴェール

薬用クリアエステヴェール

 

全体の60%が美容液成分。
乾燥肌に潤いと艶をキープ。ナチュラルなしわ・シミーカバー力も◎。
メイクオフ後の肌疲れも見当たらず。
メイクオフして、尚潤うっていうのも高ポイント。

SPF35 PA+++
返金保証あり
初回5色のサンプル付き。お肌に会う色が探せます。

y5私の口コミ y5薬用クリアエステヴェール

 

 

リペアリキッドファンデーション

カバー力が高いファンデーション

 

天然由来100%、限りなく素肌に優しいリキッドファンデーション。
イエローオークルはシミはバー力が高く、潤い艶もキープ。
抗酸化成分も配合で、美白の一環としても◎。
SPF28 PA++
トライアルセットでは、リキッドファンデーション2色・フェイスパウダー・パウダーファンデーション2色がお試しできます。

y5私の口コミ y5リペアファンデーション

 

 

 

 マナラスティックBBクリーム

マナラリキッドBBバー

 

94%が美容成分。化粧水の後に塗れるBBクリームのスティックタイプ。
簡単にきれいなベースメイクが整います。
くすみはしっかりカバー。透明感◎。厚塗り感ゼロ。
しっかり盛りましたーー的なキッチリ感もなく、とてもナチュラル。
SPF35 PA+++ 返金保証あり

y5私の口コミ y5リキッドBBバー

 

 

 

フェイスパウダーを使うメリット

 

リキッドファンデーションの後にフェイスパウダーを使うとどうなるのかって言うと・・・

icon-check01-redファンデーションがお肌に密着する
icon-check01-red化粧もちがよくなり、崩れにくくなる
icon-check01-redテカリが出にくくなる

 

 

私がリキッドファンデーションを使い始まった頃は、フェイスパウダーを使わない時期もありました。
リキッドファンデーションの艶がとても好きだったからなんですけどネ。
でも、何年も使っていると、突然あれ?崩れやすいかも?
これも肌質による部分が大きいんですが、軽くフェイスパウダーを重ねたほうが断然持ちがよくなりました。

 

リキッドファンデーションだけだと、リキッドファンデーションの水分が蒸発することから、油分だけが残りやすくなり
これは、化粧崩れに直結します。
乾燥しにくいフェイスパウダーを、皮脂が出やすい部分を中心に薄く重ねることで、いい状態が維持できます。

 

 

トゥヴェールミネラルサンスクリーン

トゥヴェールミネラルサンスクリーン

 

ノンケミカルフェイスパウダー。
SPF50 PA++++ ロングUV-Aにも対応。
フェイスパウダーながら、メイク後の日焼け止め・メイク直しにも使えます。
アミノ酸やセラミド・ヒアルロン酸などの保湿成分が配合。
乾燥しないエイジングケア処方になっています

y5私の口コミ y5トゥヴェールミネラルサンスクリーン

 

 

マキアレイベル薬用プレストパウダー

マキアレイベル薬用プレストパウダー

 

固形タイプのファイスパウダー(固形おしろい)。
薄くて携帯に便利。保湿成分配合の乾燥しにくい処方が◎。
皮脂浮きを抑え、ファンデーションの持ちが良くなります。
同じメーカーの薬用クリアエステヴェールとセットで使うのがおすすめ。
SPF14 PA+

y5私の口コミ y5マキアレイベル

 

 

 

 

リキッドファンデーションの毛穴落ち予防法

 

化粧下地とリキッドファンデーションを混ぜると時短だよ~きれいに塗れるよ~
そういった使い方をしている美容家さんもいるみたいですね。

 

でも、ものによっては化粧崩れしやすくもなるし、化粧下地の役目をはたしていない様な気がするのはワタクシだけ?
化粧下地は、どうしてあるのかっていうと、化粧下地としての役割があるからですよね。

 

<化粧下地の役割>

icon-check01-red肌表面を滑らかに整え、ファンデーションのノリがよくなる
icon-check01-redファンデーションの毛穴落ちを予防する
icon-check01-red化粧崩れを予防する
icon-check01-red色が付いているものは、肌色をコントロールしてくれたり、シミをある程度カバーしてくれる
icon-check01-redメイクオフの時、ファンデーションが落ちやすくなる

 

化粧下地には、このような役割があるので、混ぜて使うのではなく、1つ1つのプロセスをこなすのがおすすめ。

 

特に、毛穴落ちしやすい人は、化粧下地を使うことで
毛穴落ちをある程度予防することができます。

 

毛穴落ちを予防するのにおすすめなのは、シリコン系の化粧下地。
凸凹を滑らかに整えてくれるので、いい状態を維持しやすくなります。
リキッドファンデーションの中には、化粧下地不要、というのもあるし
BBクリームも化粧下地は使わなくてもOKになっています。

 

でも!
毛穴落ちしやすい人は、化粧下地を使うと、違ってくるかもしれませんね。

 

●⇒50代におすすめの化粧下地はこちら

●⇒リキッドファンデーションの化粧直し方法