3

 

日頃の意識や習慣の積み重ね・・・
いい習慣ならばハリのある若々しい肌をキープすることができますケド、美しく年を重ねる!という意識がなければ、お肌も体もどんどん老化していきます。

 

特にエイジングサインが出やすいのはお肌。
ちゃんとお手入れをしているのにな~っていう人もいると思うんです。

 

肌にハリがなくなってしまう原因は?
スキンケアだけでは追いつかない肌老化をストップ!

 

ハリのあるお肌を取り戻す方法をご紹介します。

 

コラーゲン生成をサポートする

いくらスキンケアを頑張っても、お肌の中がすかすかでは、ハリ肌は望めないですよね。
本当の意味でのハリは、体の中から作られていくもの。

 

ハリ肌を支えているのはコラーゲン繊維。
コラーゲンは繊維なので、劣化すると、だらんとしたり断裂したりします。
そのコラーゲンの周りには、エラスチンやヒアルロン酸などがあり
お互いに支えあってハリ肌を保っています。

 

そうはいっても、コラーゲンは常に肌内部で生み出されるわけではなく
その生産量は、年齢とともに低下。
コラーゲンは、お肌の中の線維芽細胞が生み出してくれるものですが
それも年齢と共に減っていくし、質も低下傾向・・・
50代になると、思うようにコラーゲンは作られなくなります。

 

コラーゲンは、体内で分解され、アミノ酸に変換されますが、お肌においては、再構成されるといいます。
つまり、コラーゲンをとってもいいけれど、アミノ酸でとってもお肌にはいい!っていうことにもなりますよね。
アミノ酸がたくさんくっついたものがコラーゲン、、、と言ったほうがわかりやすいかもしれないですね。

 

ハリ肌を作るのは、コラーゲン・アミノ酸・そしてアミノ酸をたくさん含むプラセンタなどがあります。

 

 

紫外線を徹底予防する

11

 

 

紫外線を浴び続けると、コラーゲン繊維が切れたり弱ったりして、しわができやすくなるし、肌ハリも感じにくくなっていきます。
曇りや雨の日って油断しがちですけど、紫外線量は晴れた日と変わらない位地表に届いている!っていいますよね。
紫外線は目に見えないですもんね~目に見えないから怖い!
日焼け止めはもちろん、日傘・帽子などで、紫外線予防を徹底するのが◎ですヨ。

 

日傘は、地表からの反射光も予防してくれますが、UV日傘の寿命は約2年です。
帽子のつばは10cm以上あると、紫外線予防効果が高くなります。

 

また、紫外線は、老化の原因にもなる!と言われている活性酸素を大量に作り出してしまうんです。
酸素・・・っていうと、良さそうですよね?酸素が活性化するんならいいんじゃないの?

 

活性酸素は、もともと誰もが体内に持ってるもので、そ~っとしておけば悪さはしません。
ところが、紫外線を浴びると、これが一気に増えて、悪さを始めるんです。

 

体の中を酸化させてしまうんですね~
何でもそうですけど、酸化すると、錆びたり腐ったりしますよね。
同じことが体の中で起きていたら!!

 

老化します・・・

 

そんな活性酸素の悪さを抑えてくれるのがプラセンタやビタミンC・Eなど。

 

ビタミンCやEは食べ物からとれますが、プラセンタサプリメントもおすすめですヨ。
美白効果や細胞を活性させる他、新陳代謝アップにも役立つので、50代にはいいと思います。

 

・ハリ肌を支えるのは、体の中のコラーゲン。
・紫外線を浴びるとコラーゲンが劣化する。
・コラーゲンを生み出すには、アミノ酸やプラセンタを摂るといい。
・活性酸素が大量に発生するので、抗酸化作用があるビタミンCやプラセンタを摂るといい。

 

スキンケアだけではハリ肌をキープできない!

そう感じたら参考にしてくださいね。

 

mini50代プラセンタサプリ おすすめランキング