50代おすすめクレンジング

 

 

クレンジングは油性のメイクを馴染ませて落とすものですよね。
そして、油性のメイクと馴染ませるために必要なのが界面活性剤。
クレンジング料には必ず界面活性剤が使われており、これが肌負担になる原因だと言われていますが
界面活性剤はクレンジング料にはなくてはならないものです。

 

確かに、クレンジングは、デイケアの中で一番肌負担がある!と言われています。
界面活性剤は悪者・・・というイメージが独り歩きしていますが
問題なのは、使われている界面活性剤の質や量です。

 

お肌を守る潤いや皮脂まで一緒に落としてしまうものもあり
本体ならあるべき潤いが奪われると、乾燥しやすくなるだけでなく、肌の抵抗力が下がり、肌トラブルを起こしてしまうことも。

 

最近では、界面活性剤にも植物由来の物が増え、肌負担が少ないものが多くなってきています。
私が今まで使ってきた中で、メイク落ちの良さや、肌負担など、総合的に見て
50代におすすめのクレンジング料をランキングしました。

 

クレンジングには、色んなタイプがあり、それぞれメリット・デメリットがありますのでチェックして、お肌に合うものを使ってくださいね。

 

 

 マナラホットクレンジングゲル

マナラホットクレンジングゲル.

W洗顔不要。94.4%が美容成分でできているエイジングケアクレンジング。
ビタミンC誘導体やαーアルブチンなどの美白成分入り。
美容成分でメイクを落とし、潤い感も満足。
潤いが濃厚なので、乾燥しやすい肌・小じわが気になる肌には特におすすめ。
初回割引。返金保証あり

y5 私の口コミ y5マナラホットクレンジングゲル

 

 

DUOクレンジングバーム

アットコスメクレンジング

W洗顔不要。
クレンジングと洗顔の他、マッサージ・角質ケア・トリトートメントもこなすクレンジング。
蝋のように固いバームが、とろけて柔らかく変化。
毛穴ケアもできて、しっとりつるつるに♪潤いヴェールをまとう洗いあがりです。
全額返金保証。送料無料。初回半額です。

y5私の口コミ y5DUO(ドゥオ)ザクレンジングバーム

 

 

ラミナーゼクレンジングバーム

エイジングケアクレンジング

W洗顔不要。
クレンジングをしながらパックもできる、エイジングケアクレンジングは皮膚臨床薬理研究所から。
馴染みよくエイジングケア成分が浸透し、肌表面を潤いヴェールが保護するから
乾燥の心配がありません。
1本約2か月分。返金保証付きです。

y5 私の口コミ  y5 ラミナーゼクレンジングバーム

 

 

チェルラーパーフェクトクレンジング

 

肌くすみクレンジング

W洗顔不要。防腐剤不使用。
電解水で汚れを浮かして落とすクレンジング。
メイク落とし・洗顔・角質ケア・毛穴ケアの4つをこなします。
エイジング効果が高い卵殻膜の他、果実エキスやエッセンシャルオイルも配合。
トライアルは初回のみ1500円。

y5 私の口コミ  y5 チェルラー パーフェクトクレンジングジェル

 

 

シュープリームディープミネラルクレンジング

シュープリームディープミネラルクレンジング口コミ

美容成分70%!ノンオイルリキッドクレンジング。
たった10秒!メイク浮きがとにかく早い。
肌が滑らかになってつるつる~角質ケアもこなすから、ざらつきゼロ。
突っ張らない潤いもあって、クオリティが高いクレンジングです。
クレンジングと洗顔を別個にする人におすすめ。
送料無料。初回割引あり。返金保証付き。

y5私の口コミ  y5【ディープミネラルクレンジング】

 

 

オイルクレンジングのメリット・デメリット

 

icon-check01-redメリット  *メイク浮きが早い。ポイントメイクも落ちやすい
icon-check01-redデメリット *界面活性剤が多く配合されている。乾燥肌の原因になることが多い

 

 

ミルク・クリーム・ゲル・リキッドクレンジングのメリット・デメリット

 

icon-check01-redメリット  *肌負担が少ない
icon-check01-redデメリット *汚れ落ちが緩やかなので、擦ってしまいがち

 

 

ふき取りタイプクレンジングのメリット・デメリット

 

icon-check01-redメリット  *手軽に使える
icon-check01-redデメリット *コットンによる肌刺激がある。ローションが染み込んでいるタイプは防腐剤が多い。

 

 

ムースタイプクレンジングのメリット・デメリット

 

icon-check01-redメリット  *手軽に使える
icon-check01-redデメリット *水分が多いため、界面活性剤が多い場合がある

 

 

50代クレンジングの選び方

 

上記の中で、一番肌負担があるのは、オイルクレンジング。
油性のメイクを油性のクレンジングで落とすのが一番早いんですけど、毎日使うとお肌は乾燥しやすくなります。
50代の場合、アイメイクばっちり!っていうことはほとんどないと思いますので、オイルクレンジングは使わないほうが無難。

 

一番肌負担が少ないのは、ミルク・クリーム・ゲル・リキッドタイプ。
50代の場合、しっかりと落ちにくいメイクをする機会は少ないかと思います。

 

マスカラの重ね塗り・・・とか
アイシャドウをてんこ盛り・・・とか
ちょっとやそっとじゃ落ちないアイライン・・・とか
私も、こういったしっかりメイクをすることがなくなり、ナチュラルメイクが多くなっています。

 

ナチュラルメイクの場合は、ミルクやクリーム・ゲルやリキッドなどでもきれいに落とすことができます。
その中でも重要視したいのは保湿!
十分に潤いが残るクレンジングを使うのがいいかと思いますよ。

 

 

美肌を保つクレンジング方法

クレンジング料は、使用量を守るのがポイント!
量が少なすぎると、摩擦が大きくなり、お肌に負担をかけてしまいます。

 

また、手肌で温めてから使うとメイク浮きがよくなります。
そして、チカラを入れすぎないこと。
指先で軽く滑らせる程度でOK。
ごしごしこすると、角質層を傷めてしまうこともありますので気を付けてくださいね。

 

流す時は、ぬるま湯がおすすめ。
お水ではなかなか流れないし、熱すぎるとお肌が乾燥しやすくなります。
目安としては32度以上。
35度前後がいいかと思います。

 

 

W洗顔不要クレンジングってどう?

 

クレンジング+洗顔
W洗顔不要で手早く済ませたい

 

クレンジングには、2種類のタイプがあります。
使う人の好みもあるので、一概にどちらがいいということは言えませんが
一般的に言われているメリット・デメリットをあげてみます。

 

●クレンジングをしてから洗顔をする
メイクを落とすのはクレンジング。肌汚れを落とすのは洗顔料、という考え方です。
すっきり感がある反面、何回もお顔を洗うということで、必要以上に潤いが奪われるものもあり、肌荒れの原因になることもあります。

 

●W洗顔をしない
メイク汚れもお肌の汚れも、クレンジングで一気に落としてしまう、という考え方です。
1回で済むことから、肌負担が少なくなる反面、一気に落とすため、肌刺激がある・・・と言われています。

 

これらは、使うクレンジングや洗顔料。
更には、使う人の肌質に左右される部分が大きいので、どちらが正解というのはありません。
使う人の好みやライフスタイルでも変わってくるかと思います。

 

私は、どちらのタイプも納得するまで使いました。
そして、それぞれのタイプで、汚れ落ちが良く、尚且つ十分に潤いが残るクレンジングをランキングしました。