100301

 

50代って、ちょっと気だるくって、1日の終わりにはぐったり。

 

クレンジング・洗顔・化粧水・美容液・クリームや美容オイル・・・
考えただけでうんざり・・・って言う人も多いかと 。

 

お肌のお手入れはしたいけれど、できるものなら、少ないアイテムで済ませたい!

 

そういうことが増えてくる年代ですよね。

 

そういう時は、どういったスキンケアをすればいいのか。
一見、手抜きケアのようにも見えるけれど、使うアイテムを厳選すれば、乾燥しないし、しわにもなりにくいんです。

 

50代には50代に合った化粧品を!
20代向けの化粧品では、思うようなエイジングケアはできませんもんね。

 

どういう化粧品を使ったらいいのかをご紹介します。

 

miniメイクをする日
洗顔・オールインワン・UVファンデーション・W洗顔が出来るクレンジング

 

miniメイクをしない日
洗顔・オールインワン・日焼け止めクリーム・洗顔

 

 

メイクをする日に使う化粧品の選び方

 

洗顔料の選び方

 

泡洗顔にこだわらず、潤いが残る事が基本です。
泡の大きさは意外と大きくって、約0.2mmという毛穴に入り込むことができないのが一般的。

 

なので、洗顔料を選ぶ時は、汚れ吸着成分にこだわっているものを選ぶのが◎。
クレイを使った洗顔料や、酵素などを使っている洗顔料がおすすめです。

 

もちろん、洗顔後の潤いにもこだわります。
50代は、ほとんどの人が乾燥肌じゃないかと思うんです。
ワタクシも筋金入りの超乾燥砂漠肌。
洗顔後に乾燥したり突っ張ったりしてしまうものは、乾燥肌にはNG。

 

洗顔は汚れを落とすものなので、潤いはイラナイ!という話も聞きますケド、これは肌質にもよると思います。
乾燥肌の私は、潤いが残らない洗顔料を使うと
その後にいくら美容成分を入れ込んでも、思うように保湿されませんので。

 

●⇒おすすめの洗顔料ランキング

 

 

 

オールインワンの選び方

 

一言にオールインワンと言っても多種多様。
オールインワンには、ゲルタイプのものやローションタイプのものなどがありますケド、形状にこだわるよりは、アンチエイジング成分にこだわっているものがおすすめ。

 

50代乾燥肌の場合、オイル成分にもこだわるのがおすすめ。
やはり、20代30代が使うオールインワンと、50代が使うオールインワンは違います。
水分も少なくなりますケド、油分も少なくなるのが50代。
潤い成分がしっかり肌奥に届くよう、浸透技術を使っているオールインワン。
傷んだ細胞を修復するEGFなどの成長因子を使っているオールインワン。
オイルのようなテクスチャーのオールインワン。

 

テクスチャーの好みもあると思いますが、年齢肌向けのこだわりがあるオールインワンがおすすめですヨ。

 

●⇒おすすめのオールインワンランキング

 

 

 ファンデーションの選び方

 

ファンデーションにも色々あり、リキッドタイプのファンデーションもあればパウダータイプのファンデーションもある。
BBクリームやCCクリームもありますよね。

 

50代乾燥肌におすすめなのは、潤いが残るリキッドファンデーションです。
手早くこなすのにはBBクリームもいいと思いますヨ。

 

リキッドファンデーションを使うにしてもBBクリームを使うにしても、こだわりポイントは潤い!
美容成分がたっぷり配合されていないと、乾燥しやすく、時間が経つとしわっぽくなってきてしまいますもんね。

 

UV効果が高ければ、日焼け止めクリームは省いてもOK。
リキッドファンデーションにUV効果がなければ、日焼け止めを忘れずに。

 

●⇒おすすめのリキッドファンデーションランキング

 

 

 クレンジングの選び方

 

クレンジングは、W洗顔不要、洗顔もこなすクレンジングがおすすめ。
2in1なら、時短でスピーディー。
疲れた時にとても頼りになります。

 

クレンジングと洗顔は、別個にした方がいい!っていう意見と
クレンジングも洗顔もこなすW洗顔の方がいい!っていう2つの意見があります。

 

icon-check01-redクレンジング・洗顔を別個に・・・とう理由は
油性のメイクとたんぱく質の汚れを一度に落とすのは、刺激が強すぎて、肌負担が大きいから。

 

icon-check01-red一方、クレンジングも洗顔もこなすW洗顔派は
クレンジングして更に洗顔をすると、潤いを奪い過ぎてしまうから。

 

それぞれ理由があるわけですが
楽して美肌を目指す私は、クレンジングも洗顔をこなすクレンジングを使っています。
低刺激で、美容液クレンジングが多いゆえ、肌負担は感じていません。

 

クレンジングのこだわりポイントも、やっぱり潤い!
クレンジングはスキンケアの中で一番肌ダメージが大きいアイテム。
クレンジングで潤いを奪ってしまうと、その後のお肌は乾燥しやすくなってしまうんですよ。

 

汚れ落ちがいいものを使うのはもちろんですが、一番のチェックポイントは潤い。
しっかりメイクをする人は、ウォータープルーフも落ちるクレンジングがいいと思いますヨ。

 

●⇒おすすめのクレンジングランキング

 

 

メイクをしない日に使う化粧品の選び方

 

メイクをしない日は、洗顔・オールインワン・日焼け止めクリーム・洗顔。

この4点で済ませることができます。

 

洗顔・オールインワンは、メイクをする日の化粧品と同じ。
あとは、シミやしわにならないようにしっかりと日焼け止めクリームを塗ればOK。

 

●⇒おすすめの日焼け止めランキング

 

 

乾燥する時は美容オイルをプラスする

フェイスオイル

 

 

50代のお肌は乾燥気味。
いつののスキンケアだけじゃあちょっと・・・って言うときもありますよね。
そういう時は、美容オイルをプラスするのがおすすめ。

 

乾燥肌には、水分も油分も必要。

 

乾燥状態にもレベルがあり、極度に油分が少ないお肌は、肌表面をしっかり守ることが難しくなってくるんです。
オールインワンは、どっちかっていうと油分量は少な目。
乾燥してしまうときは、迷わず美容オイルを!

 

届けた水分が逃げにくく、艶もでてきますヨ。

 

●⇒おすすめの美容オイルランキング

 

 

スキンケアに正解はない

 

絶対化粧水を使わないとダメ!・・・とか
絶対クリームを使わないとダメ!・・・とか

 

スキンケアに正解はありません。

 

基本のスキンケアを踏まえた上で、化粧水を使ったり美容オイルを使ったりするのはOK。

 

例えば、ローションタイプのオールインワンを使ったとして、もうちょっと油分が欲しいな~と思えば美容オイルをプラスする。
化粧水を塗って、ゲルタイプのオールインワンを塗る。

 

そのほうがお肌が気持ちが良ければ、それが自分にとっての正解。
お肌が気持ちいい~と感じるスキンケアをすることが、自分合ったアンチエイジング!ってわけです。

 

出来るだけ時短で、尚且つ美肌を目指したい時。
オールインワンを使う時こそ化粧品の選び方を考えて、ストレスなく美肌を目指してくださいネ。

 

楽して美肌になる方法 オールインワンを使った基本の化粧品の選び方 でした。